2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 避暑を兼ねて訪れた青森県八戸市でした | トップページ | 休日は海岸に出かけて »

日本評論社 浜野輝著 「生の黙示録 日本国憲法」

Nature38

 赤羽緑道公園のベンチで、私が一休みしている所に浜野輝氏が来られて、「おお、元気か !!」、と挨拶され、東京オリンピック、政治、経済、日本の将来などの話に花がさきました。

 浜野輝 氏は、近・現代史において決定的な役割を果たした H・G・ウエルズ による国連世界人権宣言と日本国憲法の、世界的研究者です。

 現在、八十歳を超えられていると思いますが、いつまでも、お気持ちの若い先生です。


Book168

 浜野輝氏とは、私の仕事が、本屋 (正文堂書店) だった頃からの知り合いで、作家・翻訳家と書店人として、お付き合いさせていただいています。

 ひと月前位にお会いした時に、「また本を書いたから読んで見な」、と言われたのが、日本評論社 「生の黙示録 日本国憲法」です。

  H・G・ウエルズと ルーズヴェルト大統領 の往復書簡、を基にして書かれています。

 イギリスの政治学者、 H・G・ウエルズ研究家のジョン・S・パーティントン氏の推薦文のある書籍です。

« 避暑を兼ねて訪れた青森県八戸市でした | トップページ | 休日は海岸に出かけて »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本評論社 浜野輝著 「生の黙示録 日本国憲法」:

« 避暑を兼ねて訪れた青森県八戸市でした | トップページ | 休日は海岸に出かけて »

無料ブログはココログ