2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 国立西洋美術館に「ピカソが描いた動物たち」展を見に | トップページ | 暑い日が続く、母の庭で »

東洋文庫ミュージアムに「マルコ・ポーロとシルクロード 世界遺産の旅」展を見に

Muse130803

 東洋文庫ミュージアムに、「マルコ・ポーロとシルクロード 世界遺産の旅-西洋生まれの東洋学」展を見に行きました。

 東洋文庫は、世界五大東洋学研究図書館のひとつに数えられています。中国を含むアジア地域の歴史文献資料を中心とした、国宝5点、重要文化財7点を含めて、約100万冊の蔵書があります。そのうち3割がヨーロッパの言語で書かれた洋書で、貴重な古文書・文献を多数収録しています。

 マルコ・ポーロと「東方見聞録」の世界に憧れた探険家、東洋学者が陸と海のシルクロードをたどりながら世界遺産と名所を訪れました。

 「東方見聞録」は、1485年にイタリア語でヴェネチアで発刊されました。東洋文庫は、出版地・言語の異なる77種を所蔵しています。

Muse130804

 東洋文庫の基礎となったのが「モリソン書庫」です。1917年、東洋文庫の創設者、岩崎久彌が、G. E. モリソン博士から東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点を購入したのが始まりでした。ウイリアム・アダムスの書簡、ライオン号航海日記、マカートニー書簡集・・・などがあります。

 岩崎文庫には、国宝文選集注、直江兼続版 文集、日本最古の印刷物・百万塔陀羅尼、解体新書・・・などがありました。

 一千年以上経過した、とても貴重な書物が現存することに驚き、感動しました。

 そして、シーボルトゆかりの植物が植えられた「シーボルト・ガルテン」を横に見ながら進んだ奥にある、オリエント・カフエでランチにしました。

Muse130805

 季節のおすすめランチ、ザビエルセットを、樹齢100年を超えるカラマツのカウンター席でいただきました。食材には、小岩井農場で作られた食品が使われています。とても美味しいです。

« 国立西洋美術館に「ピカソが描いた動物たち」展を見に | トップページ | 暑い日が続く、母の庭で »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/58002783

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋文庫ミュージアムに「マルコ・ポーロとシルクロード 世界遺産の旅」展を見に:

« 国立西洋美術館に「ピカソが描いた動物たち」展を見に | トップページ | 暑い日が続く、母の庭で »

無料ブログはココログ