2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽自然観察公園の時計草(トケイソウ)と昼顔 (ヒルガオ) | トップページ | 千葉県勝浦市の海の周りを巡っています »

日経ビジネス文庫、「稲盛和夫のガキの自叙伝」を読み始めました

Book163

 世に棲む日日(三)と並行して、日経ビジネス文庫 「稲盛和夫のガキの自叙伝」を読んでいます。

 稲盛和夫氏は、京セラ、現在のKDDIを創業から世界的な企業に育て上げ、今は日本航空の再建に取り組んでいます。

 稲盛経営12ヵ条、企業を長期的に発展させるため経営哲学・アメーバ経営、中小企業が生き残り続けるための生き方が漲っていました。

 宗教的な部分があり、頑なな部分があって、挫折を超え、凄まじい頑固な生き方に妙に納得しています。

 ビジネス書の中で、外国向けに多く翻訳されていると聞きました。共感することが多いのでしょう。

 

« 赤羽自然観察公園の時計草(トケイソウ)と昼顔 (ヒルガオ) | トップページ | 千葉県勝浦市の海の周りを巡っています »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/57874502

この記事へのトラックバック一覧です: 日経ビジネス文庫、「稲盛和夫のガキの自叙伝」を読み始めました:

« 赤羽自然観察公園の時計草(トケイソウ)と昼顔 (ヒルガオ) | トップページ | 千葉県勝浦市の海の周りを巡っています »

無料ブログはココログ