2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 我家のバルコニーにゼラニウムが咲いていました | トップページ | 東京都港区の沿岸、お台場海浜公園に »

北原亞以子 「深川澪通り木戸番小屋」を読んでいます

Book154

 講談社文庫、北原亞以子 「深川澪通り木戸番小屋」を読んでいます。

 第17回泉鏡花文学賞を受賞した作品です。短編集なのでちょっと時間が空いた時に読んでいます。

 以前、NHKの「金曜時代劇」で放送されていました。神田正輝と池上季実子が木戸番小屋の夫婦役で、ほんのりとした暖かさで、毎回楽しみにしていました。

 主人公は、日本橋 大店の夫婦だとか、武士の出だとか、木戸番には似つかわしくない夫・笑兵衛と、品の良い女房・お捨と、この界隈に住む人々にまつわる人情話です。

 今日も、過去を秘めた心やさしい木戸番小屋夫婦のもとに、人々が集まってきます。

« 我家のバルコニーにゼラニウムが咲いていました | トップページ | 東京都港区の沿岸、お台場海浜公園に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/57291658

この記事へのトラックバック一覧です: 北原亞以子 「深川澪通り木戸番小屋」を読んでいます:

« 我家のバルコニーにゼラニウムが咲いていました | トップページ | 東京都港区の沿岸、お台場海浜公園に »

無料ブログはココログ