2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽台団地の、くらげ公園と藤棚 | トップページ | 千葉県千倉海岸のSand CAFE (サンド カフェ) 、DECK SHOES (デッキ シューズ) に »

森アーツセンターギャラリーで開催している 「ミュシャ財団 秘蔵 ミュシャ展」に

Mucha02

 森アーツセンターギャラリーで開催している 「ミュシャ財団 秘蔵 ミュシャ展-パリの夢 モラヴィアの祈り」を見て来ました。

 アルフォンス・ミュシャは、アールヌーボー様式で19世紀を代表する画家です。

 前回は、2005年(平成17年)1月に東京都美術館で開催された 「アルフォンス・ミュシャ展」を見たのを思い出しました。
流れるような髪と華やかに着飾った女性、色とりどりの花と植物、繊細な装飾、独特の雰囲気を醸し出していました。

 今回は、ポスター、リトグラフ、油絵、シルクサテンに印刷された「四芸術 : ダンス、絵画、詩、音楽」などに、「スラヴ叙事詩」、プラハ市民会館市長ホールの装飾など、ミュシャの思想・想いを伝える展示になっていました。
 
 オーストリア帝国の支配下にあった南モラヴィア地方で生まれたアルフォンス・ミュシャは成功を収めた後、祖国へ戻り国のための仕事を精力的に行いました。

 油絵の「ヤロスヴァの肖像」、カラーリトグラフの「夢想」、「ジスモンダ」、「四季 : 冬」、「十二ヵ月の絵葉書」などが強く印象に残ってます。
 素晴らしい作品を見る機会に恵まれて感謝しています。ありがとうございました。

« 赤羽台団地の、くらげ公園と藤棚 | トップページ | 千葉県千倉海岸のSand CAFE (サンド カフェ) 、DECK SHOES (デッキ シューズ) に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/57291647

この記事へのトラックバック一覧です: 森アーツセンターギャラリーで開催している 「ミュシャ財団 秘蔵 ミュシャ展」に:

« 赤羽台団地の、くらげ公園と藤棚 | トップページ | 千葉県千倉海岸のSand CAFE (サンド カフェ) 、DECK SHOES (デッキ シューズ) に »

無料ブログはココログ