2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 海辺を歩いています | トップページ | 庭の薔薇 (バラ) がきれいでした »

藤沢周平 「 驟り雨 (はしりあめ) 」 を読んでいます

Book155_2

  時代小説が続いています。新潮文庫 藤沢周平 「 驟 り雨 (はしりあめ) 」 を読んでいます。カバー装画は菊池寛賞を受賞した風間完 氏です。

 運命に翻弄されながらも懸命に生きる江戸の人々を描いた短編集、10編を収めています。

 不幸せな自分には、いつになってもしあわせはめぐってこないと落ち込んでいたり、しあわせな人に一途な恨みを抱いてしまったりする。

 そんなふうに繰り広げられる人間模様が、かすかに見える光を感じた時、あらたな思いがこみ上げてきます。

 「朝焼け」が心に残りました。

 若かりし頃の思い違い、男と女のめぐり合いとすれ違い、後悔と苦い思い出が蘇ってきました。

« 海辺を歩いています | トップページ | 庭の薔薇 (バラ) がきれいでした »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/57359806

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平 「 驟り雨 (はしりあめ) 」 を読んでいます:

« 海辺を歩いています | トップページ | 庭の薔薇 (バラ) がきれいでした »

無料ブログはココログ