2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽緑道公園のハナミズキとツツジとヤマブキ | トップページ | 講談社文庫、百田尚樹「影法師」と、都立浮間公園の邯鄲と、一石の尺度 »

栃木県小山市、思川桜と、自然薯の里、インテルヴァツロ・カフェに

Koyama08

 栃木県小山市、先週末の暴風で思川桜は散ってしまいましたが、わずかに残った花を見てきました。

Koyama09

 思川桜は小山市原産の桜で、花弁は10片ほどの半八重咲き、淡い紅色の花を咲かせていました。


Koyama11

 自家菜園の無農薬野菜と特定農家の安心野菜を使った、有機野菜のレストラン 自然薯の里 です。古民家風の佇まいです。

Koyama10

 お店のマスコット、かりんちゃんです。

Koyama12

 野菜のランチセットをいただきました。
前菜に菜の花、ぜんまい、人参、カブなどに、たらの芽とウドの天ぷらです。二皿目は、干瓢にチーズをかけた物に野菜の盛り合わせ。三皿目は、野菜のサラダでした。

Koyama13

 最後に蒸し野菜と、自然薯、五穀米に、澄まし汁です。みずみずしい野菜が美味しいです。ご馳走様でした。

 ご主人様には、小山市と赤羽・赤羽根について色々とお話をさせていただきました。ありがとうございました。
次回伺う時は、栃木県の名産、ちたけうどんを食べたいと思っています。ご夫婦が注文されたのが美味しそうでした。
かんぴょうの美味しさも忘れられません。


Koyama15

 住宅街の中にある、インテルヴァッロです。ログハウスのような造りです。

Koyama14

 カプチーノです。アンチーク家具に囲まれた二階でいただきました。

 6年振りに訪れた小山市には、素敵なお店がたくさん増えていました。出掛けた甲斐が充分にありました。

 全国の赤羽を探して訪ね歩いています。栃木県小山市にも赤羽根の地名がありました。
赤羽紀行 と栃木県小山市の赤羽根をご覧ください。

« 赤羽緑道公園のハナミズキとツツジとヤマブキ | トップページ | 講談社文庫、百田尚樹「影法師」と、都立浮間公園の邯鄲と、一石の尺度 »

04.全国の赤羽を探して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/57152369

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県小山市、思川桜と、自然薯の里、インテルヴァツロ・カフェに:

« 赤羽緑道公園のハナミズキとツツジとヤマブキ | トップページ | 講談社文庫、百田尚樹「影法師」と、都立浮間公園の邯鄲と、一石の尺度 »

無料ブログはココログ