2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 全国の赤羽を旅している赤羽紀行に、赤羽宝幢院の節分会をUPしました | トップページ | 北区岩淵町、正光寺の境内にロウバイが咲いていました »

湯川豊著「本の中の旅」と、檜兵団 第57旅団115大隊と

Book151

 年の初めということもあって、正月に本を読んでいると色々なことを思い出します。

 亡き父は読書と旅が好きでした。本が読みたくて本屋 ( 正文堂書店 ) を始めたのかもしれません。
 またカメラ好きで二眼レフを数台持ち、フイルムは現像までしていました。
 母に聞くと、列車で終着駅まで行くなど、休日は毎週のように旅行に出掛けていたようです。

 そんなことを思い出しながら、文芸春秋 湯川豊著の「本の中の旅」を読んでいます。

 吉田健一、開高健、柳田國男、大岡正平、アーネスト・ヘミングウエイ ・・・旅を愛し、旅をせずにはいられなかった著名な18人が書き残した旅の本をめぐるエッセイです。

 吉田健一の「旅と食べもの」の中で、「・・・旅というものは日常生活からの解放であって、それだけに、寂しいものであるので、それを飲んだり食ったりして紛らせている訳なのである・・・」と書いていました。

 それにしても、旅好きな人は酒と肴に目が無くて、うわばみのように酔いつぶれるまで飲み続けます。

 父は先の戦争で、生存者が2割弱というほぼ全滅した部隊 、檜兵団 第57旅団115大隊に配属されていました。悲惨な戦いからの生還でした。

 その戦いで、早稲田実業学校 野球部時代の級友を亡くしました。

 戦争について多くを語らなかった父の、旅と酒と本が、心を休める時間だったのでしょう。

« 全国の赤羽を旅している赤羽紀行に、赤羽宝幢院の節分会をUPしました | トップページ | 北区岩淵町、正光寺の境内にロウバイが咲いていました »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/56583422

この記事へのトラックバック一覧です: 湯川豊著「本の中の旅」と、檜兵団 第57旅団115大隊と:

« 全国の赤羽を旅している赤羽紀行に、赤羽宝幢院の節分会をUPしました | トップページ | 北区岩淵町、正光寺の境内にロウバイが咲いていました »

無料ブログはココログ