2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 三国志、二巻目です | トップページ | 赤羽自然観察公園は、少しづつ秋色に彩られています »

復元された東京駅の赤れんが駅舎を見てきました

Tokyo04

 丸の内仲通りの用事を済ませてから、大正期の創建当初の外観に復元された東京駅の赤れんが駅舎を見てきました。

 日本銀行本店をはじめとする建築家、辰野金吾氏の設計によるものです。

 屋根材には、東日本大震災の津波に打ち勝った宮城県産の天然スレートと呼ばれる石が使われています。

 広い歩道では、大勢がカメラを持って駅舎を写していました。

Tokyo05

 第二次世界大戦で焼けた3、4階のドームや屋根部分が復元されました。

 駅舎ドーム内に貼り付けられた8つのレリーフが素晴らしいです。

 東京駅構内で、150種の全国の駅弁を売っている「駅弁屋 祭」では、赤れんが駅舎が完成以来、5割り増しの売り上げになったそうです。

 しばらく、ブームは続きそうです。
 

« 三国志、二巻目です | トップページ | 赤羽自然観察公園は、少しづつ秋色に彩られています »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/55945737

この記事へのトラックバック一覧です: 復元された東京駅の赤れんが駅舎を見てきました:

« 三国志、二巻目です | トップページ | 赤羽自然観察公園は、少しづつ秋色に彩られています »

無料ブログはココログ