2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 朝の荒川は涼しいです | トップページ | 森アーツセンターギャラリー「大英博物館 古代エジプト展」に »

三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖」を読んでいます

Book112

 メディアワークス文庫三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」を読み始めました。
 古都・鎌倉の古書店、店主が女性、そして、古書の知識が並み以上という設定が面白そうです。
 本屋大賞、文庫本初ノミネート、も読書意欲をかきたてました。

 主人公の祖父母が持っていた岩波書店、「漱石全集」の購入先がビブリア古書堂。その価格が思っていたよりも安かったので、その価値を調べに行くところから物語りは始まります。

 漱石全集に書かれていたのは夏目漱石の直筆のサインなのか・・・。

 「人の手から手へ渡った本に物語がある」・・・始まりです。

 

« 朝の荒川は涼しいです | トップページ | 森アーツセンターギャラリー「大英博物館 古代エジプト展」に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三上延 「ビブリア古書堂の事件手帖」を読んでいます:

« 朝の荒川は涼しいです | トップページ | 森アーツセンターギャラリー「大英博物館 古代エジプト展」に »

無料ブログはココログ