2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 夏の風物詩、日比谷公園に大輪朝顔と変化朝顔を見に | トップページ | 母の庭の水撒きに »

三菱一号館美術館にバーン=ジョーンズ展を見に

Burne01

 東京都千代田区丸の内、三菱一号館美術館で開催されている、英国絵画の巨匠 「 バーン=ジョーンズ展 - 装飾と象徴 」を見てきました。

 三菱一号館美術館は、明治27年、丸の内最初の洋風建築として明治時代に建てられた建築を再建したもので、19世紀の近代美術を展示している美術館です。建物も素晴らしいです。
 

Burne02

 日本で初になるエドワード・バーン=ジョーンズの個展です。

 バーミンガム美術館の協力を得て、油彩画、水彩画、素描、タペストリなど約80点が聖書・神話・物語のテーマごとに展示されています。

 「果たされた運命:大海蛇を退治するペルセウス」、「運命の車輪」、「ピグマリオンと彫刻」などが素晴らしく、特にタペストリの「東方の三博士の礼拝」に感動しました。

 聖書・神話の世界を理解しないと題材が分かりにくいのですが、新たに学びたいと思っています。

« 夏の風物詩、日比谷公園に大輪朝顔と変化朝顔を見に | トップページ | 母の庭の水撒きに »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱一号館美術館にバーン=ジョーンズ展を見に:

« 夏の風物詩、日比谷公園に大輪朝顔と変化朝顔を見に | トップページ | 母の庭の水撒きに »

無料ブログはココログ