2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« ホームページ8月の定例会です | トップページ | 赤羽一番街商店街で撮影が行われていました »

宮内庁三の丸尚蔵館の第58回展覧会「珍品ものがたり」を見に

Edo01

 宮内庁 三の丸尚蔵館 に第58回展覧会「珍品ものがたり」を見てきました。

 三の丸尚蔵館は、皇居東御苑内にあります。
皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品類を調査・研究を行い、併せて一般にも展示公開することを目的として平成4年11月に開館しました。

Book114

 今回の展覧会では,作品そのものの珍しさに加えて、作品の成立や今日までの伝来に、伝承も含めて様々な”ものがたり„があるものに焦点を当て紹介しています。

 鎌倉時代、元寇(げんこう)を描いた「蒙古襲来絵詞」は、現在伝えられている形になるまで、複雑な経緯をたどった作品です。

 「蔦細道蒔絵文台硯箱」は、桃山時代の気風をよく伝える蒔絵の名品で、明治時代に尾張徳川家から皇室に献上されました。

 さらに、ロシア国使節プチャーチンが長崎に来航した時の出来事を描いた絵巻。開国後に初めて使節がアメリカ合衆国へ渡り、ブキャナン大統領から贈られたメダル。桃山時代~江戸時代初期の黄金分銅などの、ものがたりを考える企画展でした。

 皇室だからこそ収集され、保存続けられた貴重な美術工芸品を見られる機会がありましたことを感謝しています。ありがとうございました。

 

« ホームページ8月の定例会です | トップページ | 赤羽一番街商店街で撮影が行われていました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/55436478

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁三の丸尚蔵館の第58回展覧会「珍品ものがたり」を見に:

« ホームページ8月の定例会です | トップページ | 赤羽一番街商店街で撮影が行われていました »

無料ブログはココログ