2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 母の自宅の庭で | トップページ | 変化朝顔展示会を見に日比谷公園に »

山岡荘八 歴史文庫 「徳川家康」を、〔1〕から読み返しています

Book115

 講談社  山岡荘八 歴史文庫 「徳川家康」全26巻を、〔1〕出生乱離の巻から読み返しています。

 竹千代が生まれた時、動乱期の英傑、武田信玄は22歳、上杉謙信は13歳、織田信長は9歳でした。

 天下制覇の夢を抱く群雄割拠の中で、弱小松平家にとって希望の星でした。

 「論語」、「中庸」、「史記」、「漢書」などを愛読し、駿府城に「駿河文庫」を作り、劉邦、源頼朝、足利尊氏などを尊敬し、大いに苦しめられた武田信玄を師としています。

 剛毅と智謀を兼ね備え、応仁の乱以来の乱世に終止符をうち、戦国時代を生き抜いた、徳川家康の生き様をもう一度読み通したいと思っています。

 「人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。」を教訓としています。


« 母の自宅の庭で | トップページ | 変化朝顔展示会を見に日比谷公園に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/55490600

この記事へのトラックバック一覧です: 山岡荘八 歴史文庫 「徳川家康」を、〔1〕から読み返しています:

« 母の自宅の庭で | トップページ | 変化朝顔展示会を見に日比谷公園に »

無料ブログはココログ