2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 群馬県館林市城沼のハスと、ケーキの美味しいル・コントントモンと、珈琲のニワに | トップページ | 赤羽緑道公園、動輪のモチーフとヒルガオとヤマブキ »

群馬県館林市の群馬県立館林美術館と善導寺に

Tate43_2

 館林市城沼のハスが、きれいに咲いていました。

Tate46_2

 群馬県館林市の群馬県立館林美術館の企画展示 「雪と氷 『雪華図説』から近現代美術まで」を見てきました。
埼玉県熊谷市と猛暑を競っている館林市で、夏のこの時期に「雪と氷」展とは、面白いです。

Tate47

 江戸時代に書かれた「雪華図説」とその関係資料、雪や氷を描いた絵、版画、写真などに、人口雪の製作に初めて成功した中谷宇吉郎の展示がありました。

 雪の殿様として名高い古河藩藩主土井利位が、ヨーロッパから伝わった顕微鏡を使って雪の結晶を観察し、その様々な形を描いて「雪華図説」という本にしました。
これがきっかけとなって雪の結晶模様を着物の柄に使うなど当時の雪模様ブームを起こし、浮世絵に描かれた着物にも見られます。
 「雪は天から送られた手紙である」といわれた、物理学者、理学博士、北海道大学教授・中谷宇吉郎は雪氷学の第一人者として活躍しました。

 常設の展示では、ロダンの製作を手伝っていたフランスの彫刻家、フランソワ・ポンポン の作品が素晴らしいです。別館のブロンズ像の「大鹿」を是非見てください。

Tate44_2

館林市楠町の浄土宗の寺院、終南山 見松院 善導寺です。徳川四天王の一人、館林城主であった榊原康政の墓があります。

Tate45_2

 館林駅前に広大な境内を有する寺院でありましたが、廃仏毀釈・駅前開発の波を受けて、城沼の北側、現在の地に移転しました。館林七福神の毘沙門天です。

« 群馬県館林市城沼のハスと、ケーキの美味しいル・コントントモンと、珈琲のニワに | トップページ | 赤羽緑道公園、動輪のモチーフとヒルガオとヤマブキ »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/55262547

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県館林市の群馬県立館林美術館と善導寺に:

« 群馬県館林市城沼のハスと、ケーキの美味しいル・コントントモンと、珈琲のニワに | トップページ | 赤羽緑道公園、動輪のモチーフとヒルガオとヤマブキ »

無料ブログはココログ