2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 母の庭に、クレマチスが咲いていました | トップページ | ホームページ、5月の定例会でした »

さいたま市大宮盆栽美術館に「ウキヨエ盆栽園」展を見に

Uki01

 埼玉県 さいたま市大宮盆栽美術館 に、「ウキヨエ盆栽園 ~盆栽デ、明治ヲアソブ」展を見に出かけました。

 盆栽を中心として、盆器、水石、絵画資料、歴史資料を集めて、平成22年3月に新設された公立の盆栽美術館です。
 さいたま市大宮盆栽美術館のあるJR.宇都宮線「土呂駅」と東武野田線「大宮公園駅」の間辺りは、大宮盆栽村とよばれてます。
 江戸・明治・大正時代と現在の東京都文京区にある団子坂には、多くの植木屋が集まり、菊人形や盆栽業を営んでいましたが、関東大震災をきっかけにこの地に移り住みました。現在は、盆栽のメッカになっています。
 
 今、欧米で盆栽がかなり人気のある趣味になっていると、聞いてます。 英国王立園芸協会日本支部 も、後援していました。

 盆栽庭園には、五葉松、黒松、蝦夷松、杉、山もみじなどに、元総理大臣や、早稲田大学 ・創始者大隈重信公が所有物していた盆栽が展示されていました。

 ウキヨエ盆栽園は、江戸時代末から明治時代の庶民が中心となった盆栽文化の隆盛を、盆栽が描かれている浮世絵にしぼった作品が展示されていました。

 花魁や芸者をあらわした浮世絵の美人画の道具立てに、煙管、文などと共に植木鉢つきものでした。

 座敷、縁側、窓際、庭先に置かれていたり、相撲、歌舞伎、花火、明治期は博覧会、外国人向けのホテルなど、西洋化化を象徴する場面に描かれていました。

 変化朝顔もあったり、期待していた通りの素晴らしい浮世絵展で、明治期の浮世絵を見るいい機会に恵まれました。有り難うございました。

 
 

« 母の庭に、クレマチスが咲いていました | トップページ | ホームページ、5月の定例会でした »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/54717379

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市大宮盆栽美術館に「ウキヨエ盆栽園」展を見に:

« 母の庭に、クレマチスが咲いていました | トップページ | ホームページ、5月の定例会でした »

無料ブログはココログ