2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました | トップページ | 母の庭に、ミツバツツジと見沼用水東縁の桜 »

太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に

Book101_3

 朝から風が強いです。原宿に早く着いたので、開館の午前10時30分になるまで表参道を歩いていました。
太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に出かけました。

 肉筆画では、絹本一幅の鳥居清長「暫図」の字の上手さにも見とれ、喜多川歌麿「美人読玉章図」はさすがと思い、

 版画では、鈴木春信の「むれ来るや蝶もこともに春の色」、「洗張」、鳥居清長の「箱根七湯名所 ゆもと」、「深川遊興」、喜多川歌麿の「風俗三段娘 上品の図」、「青楼十二時 続 戌ノ刻」、「五人美人愛嬌競 松葉屋喜瀬川」、「七福美人器量競」は・・・高しまおひさ、富本豊雛、難波やおきた、菊本お半、平野やおせよ、立花屋おたつ、ふじやおたよ・・・の器量よしの七人、「忠臣蔵 四段目」、「風俗美人時計 子ノ刻 妾」、鳥文斎栄之の「隅田川舟遊図」、「絵馬堂」、そして絵本では、鈴木春信「絵本節操草」、喜多川歌麿「絵本吾妻遊」と「絵本四季花」・・・などが見ごたえがありました。

 そして、勝川春潮の「秋の行楽」、「てうじや内錦戸 きくの うたの」、蚊帳の前に立つ美人」が素敵でした。改めて感激しました。

 全て素晴らしい浮世絵でした。身近な所で見る事が出来るのはとても有り難いことです。感謝しています。

 雨が降るかなり前に自宅に着きました。今日は春の嵐でした。

 

 

« 小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました | トップページ | 母の庭に、ミツバツツジと見沼用水東縁の桜 »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/54373436

この記事へのトラックバック一覧です: 太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に:

« 小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました | トップページ | 母の庭に、ミツバツツジと見沼用水東縁の桜 »

無料ブログはココログ