2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽緑道公園にほんのり春の彩りが | トップページ | 太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に »

小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました

Book100

 岩波文庫、小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました。
岩波書店では現在絶版中なので、古書店から買いました。

 小金井喜美子氏が森鴎外の妹であり、星新一氏の妻と知って読み始めたものです。

 幼いころから文学を愛し、十三歳から和歌を詠み始めて、明治20年代には翻訳文学者として、同40年代には「スバル」に参加して現代小説作家、歴代の文学者です。

 巻頭の「不忘記」は、平安時代以来千余年続いてきた日本の文学言語、雅文体文語で書かれた文章です。
五十年前の向島の隅田堤、今を盛りの桜の梢、人の出盛る春の日の午後・・・独特の味わいです。

 明治の知的な中流家庭の生活うかがえる随筆に、歌、創作がみられます。読み応え充分です。

 

« 赤羽緑道公園にほんのり春の彩りが | トップページ | 太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/54364330

この記事へのトラックバック一覧です: 小金井喜美子著「森鴎外の系族」を読み始めました:

« 赤羽緑道公園にほんのり春の彩りが | トップページ | 太田記念美術館に「春信・清長・歌麿とその時代」展を見に »

無料ブログはココログ