2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 北区清水坂公園に梅一輪 | トップページ | 春の彼岸の入りの前に »

「奇跡の避難所」とよばれた、「笑う、避難所 石巻・明友館 136人の記録」を読んでいます

Book98

 集英社新書 「笑う、避難所 石巻・明友館 136人の記録」を読んでいます。

 宮城県は津波で壊滅的な被害をもたらされました。
 建物の1階まで真黒な津波が轟音を立てて迫ってくる恐怖と戦い、お互いに助け合いながら生き抜いてきた石巻市、勤労者余暇活用センター「明友館」に避難した136人の記録です。

 その多くがお年寄り、力仕事が出来るのは十数名、自主避難場所なので行政からの物資は届かない。
 放送は途絶え、情報は全く入って来ないが、電気のプロ、重機のオペレーター、ダンプの運転手、料理人がいた。

 こんな時に役立つ技術を持った人が揃っていた。

 リーダー、班長、副班長を選んで、瓦礫を撤去する人、食料を調達する人を決めて、日が暮れたら薄明かりの中で作戦会議が始まる。

 みんなが自主的に動き出して、そして、唯一のルールは、「うんこをしたら、水を流す。」
 目標は「人間らしく生きる。人間らしい生活を取り戻す。」

 笑い声の絶えない、石巻市、勤労者余暇活用センター「明友館」は、いつしか他の避難所を支援する物資の基地 となり、その後、「奇跡の避難所」と呼ばれることになります。
 
  東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故から1年が過ぎて、様々な出版物が発行されていますが、この本を読んで勇気が湧いてきました。

« 北区清水坂公園に梅一輪 | トップページ | 春の彼岸の入りの前に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/54212258

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡の避難所」とよばれた、「笑う、避難所 石巻・明友館 136人の記録」を読んでいます:

« 北区清水坂公園に梅一輪 | トップページ | 春の彼岸の入りの前に »

無料ブログはココログ