2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 平成24年2月3日、真言宗智山派 医王山宝幢院で節分会が行われました | トップページ | 講習 「テーマパークから学ぶ顧客満足度向上のヒント」に参加してきました »

恵文社一乗寺店の京都案内、「本屋の窓からのぞいた"京都"」を読んでいます

Book95
 
 わざわざ本屋に行って、本を見たり、触ったり、買ったりする、本屋が大好きな人のための、本屋の特集号、マガジンハウスBRUTUS 2011年 6/1号「本屋好き」の中で紹介されていた恵文社一乗寺店が発行した、京都案内 「本屋の窓からのぞいた"京都"」を読んでいます。

 京都市左京区の書店を中心にした、つばめ、y g u e、双鳩堂、ガトーモンブラン、花の木・・・など、ふだん着のお店の紹介と、書店の成り立ち、店主の思いが詰まっています。

 恵文社一乗寺店は、英国の大衆紙 ガーディアン 2008年1月11日号掲載の "Top shelves"で世界のブックストアーベストテンに選ばれていました。

 若者の活字離れとiPad、アマゾン・キンドルの出現で出版界、書店が厳しい状況の中で、とても素晴らしいことだと思っています。

 暖かくなって、しだれ桜が咲く頃に奈良と京都を旅する予定です。

 京都に行ったら恵文社一乗寺店に寄って、文庫本を買いカバーをしてもらって、箸置きも買いたいと思っています。

 どんな書店なのか楽しみにしています。

« 平成24年2月3日、真言宗智山派 医王山宝幢院で節分会が行われました | トップページ | 講習 「テーマパークから学ぶ顧客満足度向上のヒント」に参加してきました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/53918098

この記事へのトラックバック一覧です: 恵文社一乗寺店の京都案内、「本屋の窓からのぞいた"京都"」を読んでいます:

« 平成24年2月3日、真言宗智山派 医王山宝幢院で節分会が行われました | トップページ | 講習 「テーマパークから学ぶ顧客満足度向上のヒント」に参加してきました »

無料ブログはココログ