2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 荒川 川面映ゆ、子供たちの凧揚げに | トップページ | 体脂肪率などが計れる体重体組成計がきました »

「江戸の絵を愉しむー視覚のトリックー」を読んでいます

Book92

 榊原悟著 岩波新書 「江戸の絵を愉しむー視覚のトリックー」を読んでいます。

 歌山県串本町・無量寺の襖に描かれた長沢芦雪作「虎図」は、襖を空け閉めする隠現効果で一瞬視界から消えていた虎が、飛び出さんばかりの巨大な姿を現す。紙芝居の様です。

 武者絵や戯画に意表をつく作品の浮世絵師 歌川国芳の「寄せ絵」は、漫画のポパイにも、あごをはずした顔のようにも見えます。

 しかし、さらによく見ると、何人もの裸の男たちが重なっています。合成している寄せ絵です。押しあいへしあいしています。
  かたちの意外性を精一杯楽しんでいるようです。

 江戸の町に住む人々は、その日暮らしでしたが、生活の中にユーモアの精神に充ち溢れている様子が目に見えるようです。

« 荒川 川面映ゆ、子供たちの凧揚げに | トップページ | 体脂肪率などが計れる体重体組成計がきました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸の絵を愉しむー視覚のトリックー」を読んでいます:

« 荒川 川面映ゆ、子供たちの凧揚げに | トップページ | 体脂肪率などが計れる体重体組成計がきました »

無料ブログはココログ