2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 京都御所 一般公開に参観してきました | トップページ | 王子駅から石神井川の紅葉橋周辺を歩いてきました »

「酒蔵の四季」 東京23区内唯一の酒蔵小山酒造株式会社「丸眞正宗」の本です

Book90

 「酒蔵の四季 東京・小山酒造の暮らし」は、東京23区内唯一の酒蔵 小山酒造株式会社 三代目蔵元・小山新七氏の長女、小山織さんが書かれた本です。

 秋風が吹き金木犀の香る頃、杜氏が蔵人を率いてくると、蔵は眠りから目覚めて生物のように活気づきます。

 厳寒期だけにおこなわれる「寒造り」のはじまりです。

 清酒「丸眞正宗」は、初代小山新七氏が明治10年に、埼玉県さいたま市指扇の生家 株式会社小山本家酒造 から独立して、”まるまる本物”という意をこめて命名しました。

 本家の系譜帳によると、約200年前に現在の加古川市に住み、灘の酒蔵で腕を磨き杜氏となった先祖が、東海道を下って江戸を越えた埼玉県に創業したようです。

 当時から灘の技術で作った酒だからこそ、今も売れ続けているのでしょう。

 「今朝のような寒いのに洗い番はどなた  可愛い殿御の声がする  寒い風だよ 情けを知らぬ ・・・」

 今も、桶や道具類を洗う時、「流し唄」が聞こえるのでしょうか。


 国道122号線で荒川を渡る手前、かって岩槻街道 ( 別名 日光街道 ) と呼ばれた道路の右側に 小山酒造株式会社はあります。

 ※小山酒造株式会社・小山社長様に伺った記事を赤羽紀行の東京北区のわが町、吟醸酒は江戸切子で味わってくださいで紹介しています。こちらもどうぞご覧ください。

« 京都御所 一般公開に参観してきました | トップページ | 王子駅から石神井川の紅葉橋周辺を歩いてきました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/53162242

この記事へのトラックバック一覧です: 「酒蔵の四季」 東京23区内唯一の酒蔵小山酒造株式会社「丸眞正宗」の本です:

« 京都御所 一般公開に参観してきました | トップページ | 王子駅から石神井川の紅葉橋周辺を歩いてきました »

無料ブログはココログ