2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 朝の散歩、赤羽緑道公園の旧軍用貨物の線路のモチーフと赤羽台団地の朝顔 | トップページ | 売買 中古戸建住宅 練馬区貫井3丁目 成約しました »

長谷川英祐著「働かないアリに意義がある」を読んでいます

Book87

 メディアファクトリー新書、進化生物学者・長谷川英祐著「働かないアリに意義がある」を読んでいます。
社会性昆虫の最新知見に学ぶ、集団と個の快適な関係とは。

 イソップ寓話の「アリとキリギリス」は、働き者のアリと、怠け者のキリギリスの話ですが、

 実はアリはそんなに働き者ばかりではないという実態と、

 若いアリは安全な巣の中で働き、老いたアリは危険な外の仕事をするとか、 

 兵隊アリは喧嘩になると逃げてしまうなど、一見人間社会とかけ離れた社会構造を持っています。

 しかし、それが種の存続のためにはとても有効な戦略になっていました。

 生物は動けば必らず疲れます。働かないものを常に含む非効率的なシステムでこそ、長期的な存続が可能になり、長い時間を通してみたらそういうシステムが選ばれていたことになります。

 働かないアリは怠けてコロニーの効率をさげる存在ではなく、反対にきわめて重要な存在だといえそうです。

 第一章を読み進んでいますが、人間に生まれて、日本の社会にいることがどんなに幸せかを感じさせられた一冊でした。

« 朝の散歩、赤羽緑道公園の旧軍用貨物の線路のモチーフと赤羽台団地の朝顔 | トップページ | 売買 中古戸建住宅 練馬区貫井3丁目 成約しました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/52637701

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川英祐著「働かないアリに意義がある」を読んでいます:

« 朝の散歩、赤羽緑道公園の旧軍用貨物の線路のモチーフと赤羽台団地の朝顔 | トップページ | 売買 中古戸建住宅 練馬区貫井3丁目 成約しました »

無料ブログはココログ