2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 散歩の時は東京アメッシュで雨雲の確認をしてから | トップページ | 「BRUTUS」 2011年 6/1号「本屋好き」を読んでいます »

痛快娯楽 「天下り」小説、浅田次郎著「ハッピー・リタイアメント」を読んでいます

Book88

 幻冬舎文庫・直木賞受賞作 「鉄道員 ( ぽっぽや) 」の浅田次郎著 「ハッピー・リタイアメント」を読んでいます。

 天下りに縁のない自衛官と財務官僚の二人が天下りさせられ、天下り先の本来の仕事・・・仕事をしないことを忘れ、しなくていい仕事をしてしまう。

 それは汚職なのか、横領なのか、それとも善行なのか・・・。

 痛快娯楽 「天下り」小説です。

 タイトル通りのハッピー・リタイアメントです。

 「プリズン・ホテル」を読み終えた時の感動が蘇ってきました。
 

« 散歩の時は東京アメッシュで雨雲の確認をしてから | トップページ | 「BRUTUS」 2011年 6/1号「本屋好き」を読んでいます »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/52638169

この記事へのトラックバック一覧です: 痛快娯楽 「天下り」小説、浅田次郎著「ハッピー・リタイアメント」を読んでいます:

« 散歩の時は東京アメッシュで雨雲の確認をしてから | トップページ | 「BRUTUS」 2011年 6/1号「本屋好き」を読んでいます »

無料ブログはココログ