2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 朝早くから赤羽の町で配送を始める、業務用食品容器と関連商品販売の、みゆき商店 | トップページ | 赤羽緑道公園は、落ち葉で彩りされた道 »

江戸の粋、「変化朝顔展」を見に、筑波実験植物園へ

 江戸時代、不思議な形の朝顔を咲かせて自慢することが、町人たちの間で流行していました。

Asagao08

 庭の前を通りかかった熊さんに、ご隠居さんが 「あー熊さん、ちょっとこっちにおいで」、 「これ、この花が何か分かるかい」、「鷺草に似てるけどちょっと違うよ」、「ほら、あれだよ。あれ」
 熊さんが、「俺、今忙しんでえ」、「おや、この花は何か変わっていますよ」、「葉がそうだ、えー、朝顔、本当に朝顔」
 ご隠居さんが、「熊さん、よく分かったね」、「変化朝顔だよ、変化朝顔、綺麗だろう」、と自慢話が聞こえてきそうです。

Asagao09

 国立科学博物館 ・ 筑波実験植物園 に、コレクションの特別公開をしていた「変化朝顔展」を見に行きました。

 ここは、植物の多様性をを知り、守り、伝えることを使命に、研究、保全、展示や学習支援活動を行っています。

 日本の夏を象徴する朝顔は、もともと日本の山野に生えていた植物ではなくて、薬にするため奈良時代に中国から導入されました。

 時代が進むと白や絞りの色に突然変異が現れ、その変化を楽しむブームが江戸の武士や町人の間で流行り、朝顔は多様化しました。
 一時期絶滅の危機がありましたが、幸いにして復活を遂げつつあります。

 変化朝顔の種をまいても、同じ花が咲くとは限らないのが、また楽しみの一つです。 

Asagao10

 普通の花の咲き方・・・桔梗咲。

Asagao11

 種子ができにくく、できても子供は親と違った花になることの多い、出物系。
八重の牡丹咲。

Asagao12

 獅子咲。

 江戸の数寄者の美意識を垣間見ることのできる変化朝顔の花が、見頃を迎えていました。

« 朝早くから赤羽の町で配送を始める、業務用食品容器と関連商品販売の、みゆき商店 | トップページ | 赤羽緑道公園は、落ち葉で彩りされた道 »

08.ガーデニングを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/52720773

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の粋、「変化朝顔展」を見に、筑波実験植物園へ:

« 朝早くから赤羽の町で配送を始める、業務用食品容器と関連商品販売の、みゆき商店 | トップページ | 赤羽緑道公園は、落ち葉で彩りされた道 »

無料ブログはココログ