2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

愛知県新城市作手に赤羽根を探しに

 天気予報を見て梅雨入りの前に行こうとしていたら梅雨になり、次は台風2号もやってきました。
ここは、戦国時代、武田信玄、織田信長、徳川家康他、幾多の武将が戦った地です。台風の出迎えも当然のことでした。
 愛知県新城市作手に赤羽根を探しに行きました。

Aichi14

 新城市役所の近くを流れる豊川と、三河の嵐山と呼ばれている県立桜淵公園です。

Aichi13

 渓谷美と春の桜、秋の紅葉がそれぞれの風情を感じさせてくれます。

Aichi11

 旧大野銀行本店の跡に造られた大野宿 美術珈琲 鳳来館です。大正時代に建てられた銀行をギャラリー、喫茶として蘇えりました。
 平成21年1月、国有形文化財[建造物]に登録されています。

Aichi12

 建物自体がギャラリーになっています。珈琲とシフォンケーキをいただきました。

Aichi09

 花卉と地元産の野菜、くだもの、を扱っているグリーンセンターです。

Aichi15
 
 野菜直売所で2種類の梅ジャムを買いました。美味しいです。

Aichi10

 301号線道の駅「つくで手作り村」から437号線に入って、杉林を進むと作手高松に赤羽根の地名が書かれた案内板を見つけました。「学問の神様 赤羽根 天神社」です。


 赤羽・赤羽根を探す旅をしています。
北海道・美瑛町から九州・高森町まで35ヶ所にありました。
赤羽紀行をご覧ください。


愛知県北設楽郡東栄町に赤羽根を探しに

 梅雨入りと台風の狭間を抜けて赤羽・赤羽根の宝庫、愛知県に一泊二日で2か所の赤羽根を探してきました。

 今日は、愛知県北設楽郡東栄町 の赤羽根です。

Aichi01

 東栄町役場の前に鎮座する鬼の面を被った像は、「テーホヘ、テーホヘ」の掛け声ととともに舞う「花祭り」の装束です。
11月から3月にかけて町内11地区で開催され、国の重要無形民俗文化財に選ばれています。
 「花祭り」は、鎌倉・室町時代に山伏や修験者によって伝えられた神事芸能で、親から子へと約700年も伝承されています。

Aichi03

 江戸中期から続く日本酒の蔵元・森山酒造です。年間300石の「蜂龍盃」を生産しています。

Aichi02

 大字月の赤羽根峠に小さなお地蔵さんがあると町役場経済課の方にお聞きしました。 

Aichi04
 
 大字東薗目に字上赤羽根と字下赤羽根がありました。共に山の中です。

Aichi05

 大字東薗目辺りを流れる大千瀬川・振草渓谷です。

Aichi06

 鬼の面を形どったJR.飯田線・東栄駅の駅舎です。

Aichi07

 東栄駅、ふれあい交流館の ちゃちゃカフェ で遅い昼食に、ロールパンのサンドイッチをいただきました。店主さんは、「花祭り」に魅せられて東栄町に移り住み、この店を始められたそうです。
 赤羽根を探しに来ていますと話をしていたところに、ひょっこり東栄町の尾林克時町長様が訪れて、しばし、赤羽根談義に話が弾みました。

Aichi08

 川魚と山菜を使った懐石料理と蕎麦の「四季健創作 風の香」で頂いた「川魚の塩焼きランチ」の鮎が美味しかったです。
 
 赤羽・赤羽根を探す旅をしています。北海道・美瑛町から九州・高森町まで35ヶ所にありました。
赤羽紀行と、愛知県北設楽郡東栄町の赤羽根をご覧ください。

週刊全国賃貸住宅新聞 2011年5月23日号で記事が採用されていました

News12

 週刊全国賃貸住宅新聞 2011年5月23日号、「人気上昇話題のエリア赤羽編」で当社の記事が採用されていました。

 都心への利便性に優れるターミナル駅・赤羽には大手チェーンが出店をしています。
それぞれ各社が知恵を絞って顧客の獲得をする競争が激化しています。

 赤羽は、単身者向けの賃貸マンションは供給過剰の状態ですが、利便性・快適さで「住んでよかった街」の上位にランクするなど下町人気に支えられています。

 当社も今年は激戦でありながら順調に推移してきました。

 これからもオーナー様、入居者様に喜んでいただける仕事を続けていきます。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。
 

早稲田学報に「本の未来、読書の形」が特集されていました

Book84

 精神論、哲学関係などの難解な本は心臓に影響するので読みませんが、自然科学・歴史、テンポのいい活劇、小説を好んで読んでいます。

 早稲田学報 の2011年6月号で「本の未来、読書の形」が特集されていました。
表紙の写真は、早稲田大学図書館 の入口を入ったところです。
国宝に指定された中国唐代の写本から近代の作家たちの書簡、原稿類を含む300万点の蔵書を所蔵する、勉学に励むには素晴らしい図書館です。

 本格的な電子書籍リーダー i Padキンドル の登場によって読書の環境が大きくかわりました。

 絵本を母が読んでくれた思い出が、ページをめくる楽しさと、本の彩の美しさと、紙の本の持つワクワク感が形成されました。
そんな本を読む機会が、今はまだ紙の読者と電子書籍の読者がそれほど重なっていない例があります。
高田純次の「適当日記」が紙の書籍では35,000部なのに対して、電子書籍は13万ダウンロードと圧倒していたことです。
電子書籍に向いているコンテンツは確実にあって、あまり本を読まない人を本に振り向かせることができるかもしれません。
 
 かって紙に代わるといわれたマイクロフィルムは、50年すぎてその限界を見せています。
紙であれば誰でも手にすることができ、長期間保存がきき、素材としての耐久性としては本が勝っているといえます。
 
 紙の本は、それ自体が芸術作品で価値を持っています。電子書籍が普及しても紙の本はなくならないと思います。

 本を読む人は読むし、読まない人は読まないというのは、紙であろうが電子であろうが変わらないでしょう。

 私は紙の本が好きで、ちょっと旅に出る時には文庫本をポケットに入れています。
何を読もうかと考えているだけで世界が広がっていく気分です。

仲介させて頂いた土地の地鎮祭でした

Diti01

 大安吉日、午前中は快晴でした。

 昨年の暮れに売買が終わった荒川区西日暮里の土地に、建築会社と新築の計画が出来あがり、今日が地鎮祭でした。

 木造2階建て、1階は作業場と倉庫に、2階が居住用の建物になります。

 上野の不忍池の近くに会社兼ご両親の住宅があって、そこから20分位の立地です。良い所が見つかりました。

 今年の暮れの完成が楽しみです。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

ホームページ5月の定例会でした

3man10

 ビジネス情報ネット3万ドル倶楽部 2011年 5月のいつもの定例会は、池袋駅東口NEC PCカレッジ西武池袋校です。

 今日の講義内容は、「今からはじめるFacebook」~何をどうしたらいいのか わからない人のために~ と、「ホームページ製作に役立つツールとその使い方」~ホームページビルダー、PayPal、winshot、camstudioなどでした。
講師は、ソロシンガー広島綾子様と、総合レンタルサービス会社レントオール江戸川城戸満春様のお二方です。

広島綾子様はTwitter、Facebook等様々なことを始められていて、Facebookについて初心者でも分かり易いように説明していただきました。

 城戸満春様は、これからのホームページの製作に欠かせないフリーソフトの紹介をしていただきました。
フリーソフトでもかなり役に立ちそうです。無料だからといって侮らないほうがいいかもしれません。

 本日の講習も大変役に立つ素晴らしい内容でした。

 ソロシンガー広島綾子様、総合レンタルサービス会社レントオール江戸川城戸満春様、そして 3万ドル倶楽部鈴木大吉先生、有り難うございました。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

株式会社全国賃貸住宅新聞社主催の「賃貸住宅ミニフェア」を見てきました

 大宮ソニックシティで行われていた株式会社全国賃貸住宅新聞社主催の「賃貸住宅ミニフェア2001 in 大宮」を見てきました。

 賃貸経営をサポートし、市場動向が把握できる最新商材、サービスが多数出展していました。

 賃貸経営セミナーの「太陽電池導入のメリットとリスクヘッジ」に間に合いました。
満席で立ち見になりましたが気になっていた部分を聞くことができました。

 北区赤羽でも賃貸居住用のお部屋は既に許容量を越えています。
そしてさらに、新築のマンションは今も増え続けています。既存の賃貸居住用アパート・マンションは空室の対応を迫られています。その対策のヒントを得ることが出来ました。

 いつもお世話になっています株式会社全国賃貸住宅新聞社D様、有り難うございました。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

栃木県鹿沼市、火伏せの神様、古峯神社に参拝に

 東北自動車道・鹿沼 ICを降りてしばらく市内を走る辺りまではよかったのですが、一の鳥居を過ぎる頃から一転にわかに掻き曇り、大粒の雨でどしゃ降りになりました。
 しかし、普段の行いが良かったのか(?)、古峯神社に着く時分には雨はすっかり上がっていました。通り雨のようです。

Hurumine01

 雨が降って、古峯神社の境内の新緑がさらに鮮やかになりました。
 古峯神社の御祭神は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をお祀りしています。
 
Hurumine03

 開運火伏せの御祈祷で心を清めた後は、大広間で神饌料理をいただきました。


Hurumine02

 古峯神社神庭 「古峯園」は、古峯神社の庭園として、大芦川の清流を引き、広大な自然の地形を生かして作られた廻遊式日本庭園です。

Hurumine04

 つつじが綺麗でした。

Hurumine06

 園内を巡ってから峯の茶屋で一休み、くず切りを食べました。

Hurumine05

 天気にも恵まれて良い一日でした。

 栃木県鹿沼市の上石川に赤羽根が小字として残っています。赤羽の縁の地です。

 赤羽紀行と、栃木県鹿沼市の赤羽根をご覧ください。

兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和の赤羽をUPしました

Kobe13

 兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和に赤羽(アカバ)と呼ばれている所がありました。

Kobe02

 赤羽は地名としてはありませんでしたが、呼び名の由来と考えられる赤羽(アカバ)神社です。
垂仁天皇の御代、天日槍が将来した「羽赤玉」より赤羽神社の名がおこったとされています。

Kobe03

 神姫バスのバス停、赤羽平池など3ヶ所と

Kobe14

 赤羽安政池公園、赤羽山の上公園、赤羽平地公園など5ヶ所の公園と赤羽団地がありました。

Kobe04

 尾崎食品株式会社のとうふ工房亜蔵で昼食に、秋のお勧め料理をいただきました。
純国産特別栽培大豆と天然海水にがり使用の「特別栽培豆腐」の自然が嬉しい料理です。

Kobe10

 神戸学院大学の近くにあるアメリカ風のレトロな雰囲気の、おしゃれな喫茶店CAVERN CLUBでお茶をいただきました。
 デビュー前のビートルズがライブした場所、イギリス・リバプールにある伝説のライブハウス「CAVERN CLUB」と同じ名です。ビートルズの曲が店内に流れ、若かれしあの頃が蘇ってきました。必ず寄ろうと決めていたお店です。

Kobe05

 神戸市中央区の教会カフェフロインドリーブに寄りました。大正13年創業の老舗ベーカリーが営むカフェです。
旧教会の建物を改装したお店で、1階がパンや焼き菓子を販売しているベーカリー・ショップ、2階が築70年という古い教会を改装した店内でコーヒーと自家製パンのサンドイッチなどがいただけます。

 北海道美瑛町の赤羽、岩手県遠野市の赤羽など、有名な観光地に赤羽が見つかり、楽しみが増しています。

 1984年(昭和59年) に赤羽探しの旅が始まりました。 27年掛けて、全国の赤羽・赤羽根の35ヶ所を廻ってきました。 これからも、まだまだ続きます。

 赤羽紀行兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和の赤羽をご覧ください。


東京都写真美術館に「ベッティナ・ランス写真展」を見に

Book83

 JR.山手線・恵比寿駅徒歩7分、恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で「ベッティナ ランス写真展ー女神たちの楽園」を見てきました。

 フランスの女性写真家ベッティナ・ランスは、女性をテーマにした、女性たちが生まれながらにしてまとう華やかさと儚さ、内面から湧き出る美や苦悩、憂いを写し出した作品を撮ってきました。

 ソフィー・マルソー、シンディ・クロフォード、マドンナ、シャロン・ストーン、ケイト・モス、そして道端ジェシカ・・・など、映画や音楽、ファッション界の魅惑的な女性たちの輝いている姿を切り取っていました。

 セレブたちの美しき幻影と気品に満ちた表情に魅せられてしまいました。

埼玉県戸田市の彩湖に

Saiko16

 埼玉県戸田市の彩湖は、荒川を水源とする埼玉県と東京都の水がめです。

 赤羽から時々来る散歩道です。水辺を歩いていると何となく安らぎます。

Saiko14

 原っぱにテントを張り、家族連れで楽しんでいます。

 湖の周りは周遊できる散歩・トレーニングコースと子供達が飛び走れる草原に整備されています。

Saiko15
 
 管理橋を廻るコースを歩き、約1時間15分でした。

 

長野県北佐久郡軽井沢町追分のエフスタイル軽井沢とキャボットコーヴへ昼食に

F_02
  
 暖かくなりましたので、5月の連休の間に伺いました。
エフスタイル軽井沢のご主人福田様は、ホームページの勉強会のメンバーであり、講演も聞かせていただきました。お世話になっています。

 会社を定年退職後に軽井沢に別荘を建てるという大きな夢を実現され、そして今は住宅ローンのアドバイザーをされています。
また、奥様はパイン家具のネット販売をされるなど、ご夫婦で充実した生き方をされています( 羨ましいです )。

F_01
 
  夏も涼しい軽井沢での住まい方や、建物の構造と間取りのこだわり、などをお聞きしていて、随分と長居をしてしまいました。
 福田様の考え方に何となく合うものがあって、生活のスタイルが気になっていましたので、存分に伺ってきました。
 将来のご活躍を楽しみにしています。

Fあflow_01

 その後で、福田さんに紹介されたキャボットコーヴへ昼食を食べに行きました。

Cab_01
  
 ここは、営業時間が午前6時30分から午後2時までの朝食と軽食の店です。
 森の中のテラスの雰囲気がありました。
 福田さんに紹介されたことを告げると、ご主人様が話しかけてこられて、アメリカを旅していた頃のお話を伺えました。

Cab_02

 ポップオーバーと野菜スープが評判のようです。私と家族はイングリッシュマフィンとパンケーキを食べました。

 今日も充実した一日でした。素晴らしい方々にめぐり合えたことに感謝しています。


連休の初日は図書館に

 5月の連休の初日は川口市立中央図書館に調べものをしに行きました。

 社会人席がうまく空いていました。ここの席だと騒がしい人が少ないので、集中できます。

 地名辞典で、愛知県岡崎市、刈谷市、新城市の資料を、約80枚をコピーしました。

 家に帰ってからじっくりと研究です。すでに地名から無くなっていたり、吸収合併してしていたり。

 ファイルに振り分けて、その経緯を探っていきます。

 今年の赤羽探しの旅は、愛知県を主に行くことになりそうです。


 図書館に居ていつも感じることは、熱心に本を読んだり、勉強をしている人達が大勢居ることです。

 若者から熟年層まで多くの人達が学んでいます。

 そんな人達の姿を見ていると、時々疎かになってしまう自分に活を入れ直す良い機会になります。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ