2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 世界一の本の街から「神保町公式ガイド Vol.1」が発行されました | トップページ | 山村レイコ著「朝霧高原~風と暮らす」を読んでいます »

赤羽一番街商店街小鳥の店、ペットショップ野沢の店主は書道の先生です (書道教室は、2016年12月に やめられました)

 私の家には十姉妹、文鳥、オカメインコ、そして最近は青い色のセキセインコ・ルルを飼っています。雌ですが言葉を話します。教わった人の声の高さで憶えるので、私からの言葉は何故か低い声になります。気分の良い時はさえずりと共におしゃべりが始まります。かごから外に出すと「何か話して」と、そばに飛んで来て、それが終わると一緒に遊んでとせがんだりします。

Noza12

 代々の小鳥でお世話になっているのが、赤羽一番街商店街、小鳥の店、ペットショップ野沢です。

Noza13

 創業は昭和30年代で、ここの商店街の古くからの加盟店です。今は小動物が主で小鳥 ( 十姉妹、文鳥、カナリヤ、セキセインコ・手乗り用の幼鳥もあります ) 、金魚、メダカ ( 国内産のクロメダカ・シロメダカ・楊貴妃など ) 、タナゴなどの川魚と熱帯魚( グッピー、ネオンテトラ ) などを扱っています。
 東京メトロ南北線を利用して、麻布や駒込から来られるお客様もいるようです。

 お祭りの縁日の人気者、「金魚すくい」を一揃いで用意してくれますので、ご相談してみてください。

Noza08_2

 今年の干支のうさぎ、ハムスターなどもいました。
 小鳥をペットとして飼う時、手に乗せたり言葉をしゃべったりして一緒に遊ぶのなら一匹で、観賞用に見るのであればつがいで飼うといいそうです。

Noza07

 「小さな命なので糞の形・柔らかさ、体を膨らませているなど何か変わっていると感じたら、暖かくすることと、早めにご相談してください。」と生き物に接している対応が安心できます。

Noza01

 店主の野沢さんは、先代が昭和30年より主催していた「日本書道会」を引き継ぎ、会長 野沢聖宗として10名を越える師範をはじめ多くの生徒に書道を教えています。
写真は書道研究誌「書界」の平成23年3月号です。毎月発行され通算679号になりました。

Noza11

 「書界」は毎号、会長の書が随意課題・条幅研究課題・かな手本規定課題が課題として書かれています。
3月号の「臨書のすすめ」は、後漢時代の張芝「終年帖」( 右 ) と、会長の書 随意課題・「春共聖恩長」~春のよき日は限りなき君恩と共に長い~( 左 ) です。
 店主のペットの豊富な知識と相談に合わせて、書道の話にも眼の輝きを感じました。

 ( 長年にわたって続けられた書道教室は、2016年12月に やめられました。 )

 東京都北区赤羽 1-21-5 ペットショップ野沢
  定休日 火曜日 電話 03-3901-1621
 

« 世界一の本の街から「神保町公式ガイド Vol.1」が発行されました | トップページ | 山村レイコ著「朝霧高原~風と暮らす」を読んでいます »

02.赤羽 素敵な人と店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/51001395

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽一番街商店街小鳥の店、ペットショップ野沢の店主は書道の先生です (書道教室は、2016年12月に やめられました):

« 世界一の本の街から「神保町公式ガイド Vol.1」が発行されました | トップページ | 山村レイコ著「朝霧高原~風と暮らす」を読んでいます »

無料ブログはココログ