2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 週刊全国賃貸住宅新聞に載っていました | トップページ | すずきクリニックで読む本は »

中村好文著「普通の住宅、普通の別荘」を読んでいます

Book75

 建築・デザイン書の専門書TOTO出版の中村好文著「普通の住宅、普通の別荘」を読んでいます。
 七つの住宅と、七つの別荘、そして美術館のような住まいが紹介されています。
 全ての建物には、明月谷の家、秋谷の家、Rei Hut、Mitani Hut、Museum as it is・・・などの名前が付けられて、中村好文氏の思い入れが伝わってきました。
 設計を頼まれた時からどんな住まい方をしたいのか、クライアントになった気持ちで設計をされていました。
 「この土地本当に買っちゃったの?」と普請の楽屋裏で、クライアントに話してしまう正直さと、その土地に満足する住宅を建ててしまう力量に感心します。

 中村好文氏の目差す、気配りしない、無理をしない、無駄の無い、「普通のもの」で、過不足無くバランスの取れた「ちょうどいいもの」、遊び心を失わない住宅の一部を垣間見ることが出来ました。
 疲れをいやしてくれる、早く帰りたい家、暖かな家がそこにありました。何度も何度も読み返しています。

« 週刊全国賃貸住宅新聞に載っていました | トップページ | すずきクリニックで読む本は »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/50793592

この記事へのトラックバック一覧です: 中村好文著「普通の住宅、普通の別荘」を読んでいます:

« 週刊全国賃貸住宅新聞に載っていました | トップページ | すずきクリニックで読む本は »

無料ブログはココログ