2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 平成23年赤羽宝幢院 節分会 年男 ( 豆まき ) の参加募集をしています | トップページ | 赤羽歯科、すずきクリニック、西新井大師へ »

赤羽の旅・赤羽紀行、栃木県栃木市藤岡町の赤羽を更新しました

 赤羽探しの旅人赤羽紀行栃木県栃木市藤岡町では、2004年・2009年の熱気球ジャパンホンダグランプリ第1戦を見てきました。

Fuji_aka04

 赤羽の地名のある藤岡町は、平成22年3月29日、栃木市・大平町・藤岡町・都賀町の1市3町が合併して、新栃木市になりました。藤岡町の渡良瀬遊水地では、毎年熱気球ジャパンホンダグランプリの第1戦・渡良瀬バルーンレースが開催されます。

 熱気球は雨や霧、強風、上昇気流のある日中は飛ばず、 風が穏やかな早朝と夕方に飛行します。
また、横方向には動けないので、バーナーで気球の中の温度を変えて上下に動かし、どの高さがどちらの方向に風があるのか、風を読みながら進むことが面白いのです。

 太平山県立自然公園の、とちぎあじさいまつりを見てきました。
あじさい坂には西洋あじさい、額あじさい、山あじさいが色とりどりに咲き誇っていました。

Toti_aji03

 「関東の小江戸」と呼ばれている栃木市は、歴史を伝える蔵の町並みが今も残っています。

Toti_aji05

 蔵には土蔵、石蔵、板蔵などがありますが、栃木に残る蔵の殆どが土蔵です。食料や財産を保管する倉庫としての蔵と、店舗として利用した見世蔵(店蔵)があります。

Toti_aji07

 赤羽探しの旅 赤羽紀行をご覧ください。

« 平成23年赤羽宝幢院 節分会 年男 ( 豆まき ) の参加募集をしています | トップページ | 赤羽歯科、すずきクリニック、西新井大師へ »

04.全国の赤羽を探して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/50509713

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽の旅・赤羽紀行、栃木県栃木市藤岡町の赤羽を更新しました:

« 平成23年赤羽宝幢院 節分会 年男 ( 豆まき ) の参加募集をしています | トップページ | 赤羽歯科、すずきクリニック、西新井大師へ »

無料ブログはココログ