2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 荒川を散歩して、新荒川大橋の上から富士山が見えました | トップページ | 赤羽緑道公園と赤羽自然観察公園に »

「KITANO par KITANO」と「生物が生物である理由」を読んでいます

 大晦日の夜は、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで「絶対に笑ってはいけないスパイ24時間」を見て年を越えました。

 池袋ジュンク堂本店で、芸術新潮11月号いざ鎌倉、不思議の国のアリスのジグソーパズル、他洋書を1冊買いました。

Book72

 早川書房北野武・ミシェル・テマン著「KITANO par KITANO」です。
フランスのジャーナリスト・ミシェル・テマンによる「世界のキタノ」を五年にわたる取材で映画、メディア、家族、政治、日本の未来・・・を聞き記した本です。
 人間が何を求め、何をしたいのか、ある意味でそれを実践してきた北野たけしの生き様が深く綴られていて、興味が沸きます。

 講談社田中祐二・太田光著「生物が生物である理由」は、爆笑問題のニッポンの教養シリーズの1冊で、「生物と無生物のあいだ」で注目の分子生物学者・福岡 伸一教授と対談した話です。
 生物の分子レベルで起きていることが哲学な表現であったり、エントロピーであったり、これが生物学です。

« 荒川を散歩して、新荒川大橋の上から富士山が見えました | トップページ | 赤羽緑道公園と赤羽自然観察公園に »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/50467218

この記事へのトラックバック一覧です: 「KITANO par KITANO」と「生物が生物である理由」を読んでいます:

« 荒川を散歩して、新荒川大橋の上から富士山が見えました | トップページ | 赤羽緑道公園と赤羽自然観察公園に »

無料ブログはココログ