2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 「歌麿・写楽の仕掛け人、その名は蔦谷重三郎」展を見に、サントリー美術館に | トップページ | 理想の庭は、小鳥のさえずりと虫の音で季節を楽しめる庭に »

初詣は赤羽八幡神社と、赤羽八幡蕎麦 赤羽屋で年越し蕎麦を

Hatiman_moude10

 初詣は年が明けてから初めて神社に参拝して、一年の無事と平安を祈る行事です。
この時に昨年のお守りや破魔矢などをお持ち下さい。納めてお焼きします。
 元旦の午前0時から、境内で甘酒や神酒がふるまわれます。

Hatiman_moude07

 延暦三年( 784 ) 征夷大将軍・坂上田村麿は京より東北地方鎮護の途中、この台地に陣を張りました。
そして武運長久を祈念し、勝負の神「八幡大神」を勧請しました。
この赤羽の台地に遥か昔から八幡神社は鎮座しています。
 田村麿の創建から千二百有余年。いにしえに思いを馳せての初詣をしてみてはいかがでしょうか。

Hatiman_moude09

 大晦日には欠かせない年越し蕎麦は、延命長寿の縁起物です。
初詣の前に赤羽八幡蕎麦 赤羽屋で、美味しい蕎麦を是非召し上がってください。

 赤羽八幡神社
 東京都北区赤羽台4-1-6 
 電話03-3908-1764

« 「歌麿・写楽の仕掛け人、その名は蔦谷重三郎」展を見に、サントリー美術館に | トップページ | 理想の庭は、小鳥のさえずりと虫の音で季節を楽しめる庭に »

01.赤羽の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/50325532

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣は赤羽八幡神社と、赤羽八幡蕎麦 赤羽屋で年越し蕎麦を:

« 「歌麿・写楽の仕掛け人、その名は蔦谷重三郎」展を見に、サントリー美術館に | トップページ | 理想の庭は、小鳥のさえずりと虫の音で季節を楽しめる庭に »

無料ブログはココログ