2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

池袋の定食の美松と、埼玉県川口市立中央図書館に

Sanma03

 仕事の関係で池袋で昼食を取りました。定食屋の美松で新さんま定食です。程よい大きさのさんまと小鉢が美味しかったです。駅から少し歩くのに、いつも開店と同時に満員になります。評判の良いお店です。

 その後に赤羽の隣駅、埼玉県川口市立中央図書館に寄って調べ物をしていました。図書館の利用カードを持っていますので、空いていれば社会人席に座ります。

 ついでに赤羽も調べました。三重県と埼玉県に新しい赤羽が見つかりました。
 それはそれで嬉しいのですが、村から町へそして市へと何度となく統合されて無くなっていたりしますので、安心できません。 まだまだ地図と書籍とにらめっこです。

 図書館に居ると真剣に勉強している人達の将来を見つめる眼差しの輝きを頼もしく思います。真面目に本を読んでいる姿が素晴らしいです。

赤羽紀行、福島県石川郡石川町の赤羽を訪ねて

Isikawa06

 福島県石川町は、阿武隈山地の南部に位置し、変成岩と花崗岩の二つの異なる岩石が接するところにあります。そのため鉱物がたくさん産出します。そして東北でも有数のラジウム温泉(母畑温泉・片倉温泉・猫啼温泉・塩ノ沢温泉)を生み出しました。
 赤羽は石川町の西側で白河市に向かう県道11号線添いにあります。福島交通のバス停もありました。

Isikawa01

 母畑温泉郷に美味しい蕎麦の店、「蕎麦美人」を見つけました。新そばの案内が入口に貼ってあります。楽しみです。
借景の日本庭園が整っている店内に入り、ざるそばを注文すると甘口の汁と最初に薬味セットが運ばれて、蕎麦が来るまで自分で「わさび」をおろして待ちます。ほどなくして半切りの竹筒の器に盛られた白い蕎麦、それに地元産のリンゴ(ジョナサン)が添えられていました。そば湯にも新蕎麦の香りがあって美味しくてお薦めです。

Isikawa02

 お菓子のさかい本店です。敷地に広い駐車場と、店内入口の左側に手づくりのパンが、中程にケーキ、まんじゅう、ゼリーなどの贈答品が並び、奥は喫茶室になっていました。
数年前に北海道を訪れた時の六花亭を思い出していました。おもてなしでお客さまを大切にする雰囲気が漂っています。
 粒々チーズをあしらい、ふわふわのスポンジでサンドしたブッセと饅頭を細長くのばして焦がした蜜を付けたカリントまんじゅうが美味しそうで、お土産にしました。

Isikawa03

 稲が刈られて丸く積み上げられていました。

Isikawa05

 林の中に素敵な戸建ときれいな紅葉を見つけました。
 木枯らしが吹いて、秋を待たずに一気に冬に向かっているようです。

Isikawa04
 
 赤羽のある地域には丘一面にリンゴ畑が広がっていました。今はサンジョナゴールドなどの品種が作られています。

 赤羽の旅人赤羽紀行福島県石川郡石川町赤羽で、桜が咲く頃の赤羽の様子をご紹介しています。ご覧ください。


赤羽一番街、鯉とうなぎのまるます家が東京商工会議所の月刊情報誌で紹介されていました

Marumasu11

 赤羽一番街商店街 鯉とうなぎのまるます家は、テレビ・新聞・雑誌・書籍などのメディアで何度となく紹介されています。
今回は、東京商工会議所の月刊情報誌 TWIN ARCH ( ツインアーチ )2010年11月号 の「居酒屋浪漫」で紹介されていました。

 今年で創業60年、朝9時から営業の鯉とうなぎのまるます家は、1階がカウンター席、2階がお座敷になっています。

Marumasu08

 午前8時頃から店頭で、鯉、スッポン、マグロなどを捌いています。

Marumasu09

 店頭で鰻を焼いている香りに誘われて、うなぎ弁当を買っていくお客さまも多いです。食欲がわいてきました。

Marumasu10

 おすすめメニューは鯉とうなぎで、うなぎは国産と台湾産を時季によって使い分けています。
身の柔らかな群馬県産の鯉は、あらいと生刺しも楽しめます。すっぽん鍋も手頃な価格で好評です。
 
 特別のチューハイもあります。「ハイリキ プレーン」は、メーカーがまるます家に向けて生産しているものです。
チューハイのスッキリ感を味わいながら、鯉と鰻とスッポンを召し上がってください。

 2階の座敷は土日祭日には混み合いますので、予約をお薦めします。

 鯉とうなぎのまるます家の営業時間は朝9時から夜9時30分まで、月曜日が定休日です。
 住所 東京都北区赤羽1-17-7 電話 03-3901-1405

講談社野間記念館に「鏑木清方一門と近代美人画展」を見に

Muse10

 近代美人画家の鏑木清方は日本画家・水野年方の弟子でその年方は、幕末に美人画、役者絵で活躍した浮世絵師・月岡芳年の弟子です。鏑木清方と一門の美人画を見てきました。

 武蔵野台地の東縁部にあたる関口台地に位置する講談社野間記念館は、椿山荘に隣接し、東京カテドラル聖マリア大聖堂の向かいにあります。

 素晴らしい作品の数々ですが、鏑木清方の絹本着色「五月雨」色紙「十二ヶ月図」、、上村松園の色紙「十二ヶ月図」、山川秀峰の絹本着色「蛍」・色紙「十二ヶ月図」「九条武子の生涯」の挿絵、伊藤深水の色紙「十二ヶ月図」、などが清楚で素敵で心に残りました。
 
Muse11

 丹下健三が設計した東京カテドラル聖マリア大聖堂にも寄りました。
大聖堂は、空から見ると大きな十字架の形をしています。洗礼室、ピエタ像、大十字架、祭壇、日本で最大のパイプ・オルガン、などが配置された大きな空間は荘厳で心が清められます。

猪苗代のペンションから新鮮な野菜が届きました

Hukusima06


 福島県猪苗代、磐梯山の麓のペンションから、無農薬・有機肥料にこだわった新鮮で安心な野菜が届きました。

 白菜は鍋物に入れて、キャベツは揚げ物に添えて、カブは大根と一緒に煮物に、赤い大根は酢漬けにして、ねずみ大根は辛みが強いので蕎麦・うどんの薬味に、チンゲンサイは炒めものに入れていただきました。

 もう秋が真っ最中で、その次に冬、スキーの季節になります。

 今年は行けませんでしたが、来年は蛍を見に是非とも行きたいです。

 いつもお気遣いして頂きまして有難うございました。

母の自宅の庭にミカンと柿とムラサキシキブに

 埼玉県鳩ヶ谷市、植物に接しているのが好きな母の自宅で、果物が実っていました。

Hato16

 ミカンが緑から黄色に色づいてきています。

Hato17

 柿も実っていました。これから冬に向かって小鳥の餌が少なくなってきます。半分は残して置くとヒヨドリなどが楽しみにしています。

Hato18

 ムラサキシキブ( 紫式部 )です。もともとはムラサキシキミと呼ばれていたクマツヅラ科の落葉低木です。


Hato19

 実が白い、シロシキブもそばにありました。

Hato20

 他にバラが数輪咲いていました。スズメも顔を出します。いつも賑やかな庭です。

平成22年 赤羽八幡神社 七五三祝祭

Hatiman_75313

 七五三は、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳の年の11月15日に、子供の成長を祝う習俗です。
着飾って神社へ参詣します。

 赤羽八幡神社では平成22年11月7日(日) 、14日(日) に七五三祝祭が斉行されます。

Hatiman_75311

 七五三祭式日の11月7日(日) 、14日(日)は、予約なしで参加ができます。
 時間は、午前10時~午後3時です。
 駐車場がありますので、ご利用下さい。

Hati_75303

 両日以外の日をご希望の方は、赤羽八幡神社社務所にご予約下さい。

 東京都北区赤羽台4-1-6 
 赤羽八幡神社社務所 電話 03-3908-1764


赤羽緑道公園に秋の訪れ、落ち葉もきれいでした

Ryoku19

 戦時中の軍用貨物の廃線の跡地を利用した細長い公園・赤羽緑道公園で、八幡フラワー同好会の方々が手入れしている花壇に綺麗な花が咲いています。

Ryoku20

 テニスコートのそばに、秋の花、コスモスが咲いていました。

Ryoku21

Ryoku18

 強い花の香りで気が付いたのは、鐘形の小さい花を多数咲かせるハナゾノツクバネウツギでした。
すいかずら科の低木で、春~秋のかなり長期に渡って咲き続けます。
属名の「アベリア」の方が一般的です。

Ryoku22

 ソメイヨシノ、ガクアジサイ、ブナ、コナラ、コウゾなどの落ち葉と、どんぐりを拾いました。身近な所にきれいな落ち葉がいっぱいあります。

ホームページ10月の定例会でした

 ビジネス情報ネット3万ドル倶楽部 10月のいつもの定例会は、池袋駅東口NEC PCカレッジ西武池袋校です。
 
 今日の講師は、「持続可能なネットビジネスの研究~もう本物しかいらない~」株式会社 サカエヤ 代表取締役 新保吉伸氏でした。

 サカエヤさんは 日本の三大和牛・近江牛の販売を行っています。

 最初は、ネット販売をしていたわけではなく、サイトを立ち上げた当初は売上も全然上がらなくても、実店舗の売上があったために放っておいたようでした。
その後、BSEなど問題も出始め、色々と苦労され、現在では4サイトも運営されています。
更新等は別にスタッフさんに任しています。
サイトに載せられている写真は趣味で全てご自身で撮り、本業の方に任されているのかと思うぐらい綺麗で魅せられます。
 こういった内情をお聞きしますと、新保さんの近江牛に対するものの素晴らしさを感じました。

 今日の講習も大変役に立つ素晴らしい内容でした。鈴木大吉先生、ありがとうございました。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

ホームページ10月の特別勉強会 ~動画の作成~でした

3man1013

 ビジネス情報ネット 3万ドル倶楽部 今日は特別勉強会ということで、場所は、いつも通り池袋駅東口NEC PCカレッジ西武池袋校でが時間は18時から開始です。

 本日の内容は「①誰 もがテレビ局を持てる、ユーストリームの実演と研修。 ② 動画(YouTube)の作成、アノテーション(注釈文)を入れる、テロップを流すなど。 ③ Twitterについて考える。」、
 講師は 株式会社 城 伸 店舗名 レントオール江戸川 代表取締役 城戸 満春氏、そしてTwitterに関してはシンガーソングライター 広島綾子さんに来ていただきました。

 ユーストリームとはどんなものか?ほとんど知識がなく、漠然と動画配信の延長かと思っていましたが、そうではなく、インターネットを通じて、生配信が出来るものでした。
ユーストリームを使用すれば、今回のような勉強会、講義が自宅にいながらに参加できる、そして、配信する側もそれ程の準備もなく、簡単に配信が出来る、使いこなせれば、とても便利なものです。

 残念ながら、当社ではあまり必要としませんが、むしろ必要とするのは、YouTubeだと思います。
現在、賃貸物件の紹介に動画を利用していますが、まだYouTubeを利用していません。YouTubeも無料で利用でき、SEO対策にも対応していますので、テスト的に今後利用していきたいと思います。

 最後に、Twitterに関しては余り時間がなく、話が少ししか聞けませんでした。また機会があれば拝聴したいと思います。
 鈴木大吉先生、参加された皆様方お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 東京都北区赤羽の不動産会社 株式会社沼野商事 です。

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館と中央図書館に

Museum01

 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で、「森繁久弥展」 人生はピンとキリだけ知ればいい・・・を見てきました。

 演劇博物館は、1928年( 昭和3年)坪内逍遥博士が「シェークスピア全集」全40巻の翻訳が完成したのを記念して設立されました。建築様式はエリザベス朝時代、16世紀イギリスの劇場「フォーチュン座」を模しています。木製の床がギシギシと鳴る様は懐かしい面持ちです。

 3階建の建物自体が劇場資料となっていて、1階はシェークスピアの作品と演劇の図書雑誌が見られる閲覧室、2階は逍遥記念室と神楽や田楽、3階は日本の劇場史を時代別に紹介しています。

 1階のこじんまりした部屋に森繁久弥さんの映画・舞台・創作活動などの資料が展示されていました。加藤登紀子さん、吉永小百合さんからの手紙もあり、親しみと温かさを感じました。

Lib03

 早稲田キャンパス18号館 「総合学術情報センター」の中央図書館にも寄りました。
 卒業生でもVISA早稲田カードで入館出来ると聞いたのでさっそく試してみました。井深大記念ホール・国際会議場からなる複合施設の2階が入口で、駅の改札のような仕組みでスムーズに入館できました。
 4階建ての2階・3階が一般向けフロアです。蔵書総数:約250万冊、閲覧席数:約1,800席は、ゆったりとして静かです。恵まれた環境に学生は好きなだけ勉強に励めます。私が学生の頃とは規模が大きくなって、うらやましい限りでした。

 都電荒川線で王子駅で京浜東北線に乗り換え、赤羽に戻りましたが、今思うとこの通学方法も便利だったかもしれません。
 

赤羽の散歩道、赤羽自然観察公園に

Sanpo10

 赤羽駅西口から赤羽幼稚園の横の道を上ると、昭和30年代に建築された赤羽台団地が建て替えられ、シンプルなデザインのUR賃貸住宅、ヌーヴェル赤羽台が出来ていました。

Sanpo11

 赤羽台団地の中を抜けて赤羽自然観察公園に入ると、古民家体験館前の水田はすっかり稲が刈られていました。子供たちの苦労の力作です。美味しいと良いですね。

Sanpo12

 どんぐりの森で思わずどんぐりを拾っていました。丸くて大きなのはクヌギ、小さいのはコジイでしようか。
赤羽八幡神社の男坂( 階段 ) の周りにもドングリが落ちています。

 ドングリは昆虫や小動物の餌になるのですが、子供たちにとっても大切な宝物になります。私も机の引き出しを探すと出てきます。

荒川散策、ヒガンバナにアゲハチョウ、水辺にシラサギとコガモが

Arakawa45

 澄んだ青い空に、雲が遠慮がちに浮かんでいました。
 新河岸川に架かる岩淵橋を渡って荒川の河川敷に出ると、草むらからはコオロギの鳴き声が聞こえてきます。

Arakawa46

 赤水門のある土手に咲いていたヒガンバナにアゲハチョウが蜜を吸っていました。

Arakawa49

 コスモスにモンシロチョウもいます。
JRの鉄橋のそば、今野球場に整備された場所は20年前には一面にコスモスが咲いていました。

Arakawa47

 蛾のように見えますが蝶の仲間のセセリチョウです。

Arakawa48

 シラサギとコガモが陽だまりにのんびりとしていました。

Arakawa50

 暑かった夏が過ぎて、一息つき、季節は秋に向かっています。
 


 

鎌倉散策、北鎌倉から円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮に

Kama16

 鎌倉には赤羽と呼ばれた地名がありました。今も西鎌倉小学校近くのバス停と信号機に表示が残っています。

 湘南ライナーを利用すると赤羽から鎌倉まで乗換えが無くて便利になりました。今日は、北鎌倉駅から円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮と回りました。

Kama10

 北鎌倉駅に着いてまず腹ごしらえに笹の葉でお勧めの玄米菜食膳をいただきました。味わい深い胡麻豆腐、茄子と山芋の寒天よせ、そして玄米の御飯を美味しく食べました。

Kama11

 円覚寺 ( 瑞鹿山大円覚興聖禅寺 ) は、臨済宗円覚寺派の大本山で鎌倉五山第ニ位のお寺です。

Kama12

 建長寺 ( 巨福山建長興国禅寺 ) は、鎌倉五山第一位で、臨済宗建長寺派の大本山のお寺です。

Kama15

西外門に掲げられている「林禅下天」は、中国明代の書家、竹西の書いたもので、人材を広く天下に求め育成する禅寺との意味があります。

Kama14

 方丈では「達磨忌 御詠歌奉歌大会」が行なわれ、鎌倉流の御詠歌が歌われていました。

Kama13

 鶴岡八幡宮に参拝。
北鎌倉は静かに散策出来ましたが、この辺りから観光する人達が大勢押し寄せていました。さすがに古都鎌倉です。
 小町通りでお土産を探し、葉山ボンジュール鎌倉西口店で食パンを買いながら、今度来る時は江ノ電沿線の海に近い所を回ろうかなと考えていました。

 赤羽紀行神奈川県鎌倉市の赤羽をご覧ください。

板橋区蓮沼町の南蔵院で結縁灌頂 が厳修されました

Nan02

 10月2日、真言宗寶勝山南蔵院で真言宗智山派の結縁灌頂 ( けちえんかんじょう)が厳修されました。
私は赤羽宝幢院・野中住職様にお誘いを受けて参加しました。
  
 南蔵院は、徳川八代将軍の徳川吉宗が鷹狩の際に休憩の際に立ち寄ったと伝えられ、板橋区の桜 ( しだれ桜 ) の名所として「板橋十景」に選ばれています。また、「関東三十六不動尊・第十二番札所」に定められています。

Nan01

 結縁灌頂の結縁とは、仏さまと縁を結ぶこと。灌頂とは、頭のいただきに清らかな水を注ぐことです。
 結縁灌頂では、まず心身を清らかに保つために戒を授けられ、一人ずつ道場に導かれ、曼荼羅(まんだら)を描いた壇の上に華を投じその華が落ちたところの仏さまと縁が結ばれます。
そして、真言宗最高の奥義である灌頂の儀式を受けます。その後に、阿闍梨さまから真言宗に長く伝わる教えを授かります。

 午前中は、南蔵院福聚殿にて三昧耶戒 (さんまやかい)の法要に参列して、ほとけ様の戒 を授け頂き、午後より灌頂を受けました。
 貴重で、心が清められるような清清しさを体験致しました。赤羽宝幢院・野中住職様有難うございました。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

無料ブログはココログ