2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 静岡県熱海市網代、阿治古神社の例大祭 2010 網代ベイフェスティバル | トップページ | 赤羽西口から稲付遊歩道・石神井川・板橋・仲宿の丸十パン・西が丘へ »

東京大学総合研究博物館に特別展「火星」と併設展「昆虫標本の世界」を見に

T_m01

 特別展「火星ーウソカラデタマコト」と併設展「昆虫標本の世界~採集から収蔵、多様性保持まで~」を見てきました。どちらも今日からの展示で、NHKの取材が来ていました。

 最も調査されている赤い惑星・火星には、20機ほどの探査機が送られ、人類は猛烈な勢いで調査しています。

 多くの故障にめげずに小惑星イトカワから60億キロメートルの旅を終え帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が2010年6月13日しました。宇宙への冒険とロマンは尽きることはありません。
 金星探査機「あかつき」は、2010年5月21日に打ち上げられて順調に飛行を続けています。

 2階の「昆虫標本の世界」では、東京大学総合研究博物館の多様かつ貴重な昆虫標本20万点の内のシジミチョウ・ヒメコガネ・イトトンボ・アミメアリなどの小さい昆虫類に焦点を合わせた展示をしていました。

 中でも五十嵐コレクションのテングアゲハ、坂戸コレクションのオオムラサキ、珍しい昆虫類の江田コレクション、エガーモルフォ( タテハチョウ ) の須田コレクションなど貴重で目を見張るものがありました。

 子供達と静岡県熱海市網代の朝日山公園で採った、元気に飛び交っていたアオスジアゲハとアカトンボが標本箱の中に今もあります。昆虫の標本はいつの時代でも宝物のような存在でした。

Hasu01

 不忍池に蓮の花が綺麗に咲いていました。

« 静岡県熱海市網代、阿治古神社の例大祭 2010 網代ベイフェスティバル | トップページ | 赤羽西口から稲付遊歩道・石神井川・板橋・仲宿の丸十パン・西が丘へ »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/48948751

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大学総合研究博物館に特別展「火星」と併設展「昆虫標本の世界」を見に:

« 静岡県熱海市網代、阿治古神社の例大祭 2010 網代ベイフェスティバル | トップページ | 赤羽西口から稲付遊歩道・石神井川・板橋・仲宿の丸十パン・西が丘へ »

無料ブログはココログ