2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« ホームページ5月の定例会でした | トップページ | 操体・会津温古堂 菊地先生は福島県喜多方市で自然農業をしています »

赤羽一番街商店街、伊勢屋の塩大福が北区の名品ガイドvol.2・30選に選ばれました

Ise01

 赤羽一番街商店街で、店を始めて50年以上の伊勢屋は庶民の味を大切にする、おだんご屋さんです。 LaLaガーデン・スズランストリート店もあります。
 豆大福、赤飯、おいなりさん、のり巻き、みたらしだんご、草もち、かしわ餅、ジャンボおはぎ・・・など昔ながらの甘味を扱う素朴な味の店です。

Ise03

 今回塩大福が、みんなが選んだ北区の名品・北区の名品ガイド30選vol.2に選ばれました。
もち米100%の皮と甘さが控えめの餡が絶妙です。( 傷みやすいので夏の時期は販売をしていません )

Ise02_2

 丸に米と書いてマルヨネのマークの伊勢屋は、塩大福が名物の巣鴨地蔵通り店、こちかめどら焼きの亀有店も親戚筋になります。深川不動尊入口で創業100年以上の門前仲町が本店です。明治の頃、東大のそば本郷当たりが伊勢屋の原点でした。

 日本テレビぶ・ら・り途中下車の旅で照英さん、メレンゲの気持ち で石塚英彦さん、出没!アドマ街ック天国で赤羽が2回目の時、などのテレビでも紹介されました。

Iseya03

 嬉しいことがあった時の赤飯と、おいなりさんは私の定番です。そして何時か新作 の俊ちゃんだんご俊ちゃん大福が出来上がるのを楽しみにしています。

伊勢屋
東京都北区赤羽1-20-5
営業時間 午前9時30分~午後7時
電話 03-3901-4970

« ホームページ5月の定例会でした | トップページ | 操体・会津温古堂 菊地先生は福島県喜多方市で自然農業をしています »

02.赤羽 素敵な人と店」カテゴリの記事

コメント

私も若い頃(37~38年前)よく赤飯とかおいなりさんとか買っていました。
懐かしいです。約5年間位赤羽でお世話になっていて、色んな思い出があります。今思い出して涙が出てきます。
先日久しぶりに赤羽に行く機会があってびっくりしました。
ずいぶん変わりましたね~。
また、ゆっくり赤羽巡りしたいものです。

 部宇様、コメントを有り難うございます。
 子供の頃から伊勢屋さんの、のり巻とおいなりさんをご飯代わりに食べていました。私が住む周辺では、まるます家、喜屋、川栄さんが今も頑張っています。昭和から続くお店が赤羽を発展してきたと思っています。
 どうぞ時々は赤羽に寄ってみて下さい。そして懐かしんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/48415485

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽一番街商店街、伊勢屋の塩大福が北区の名品ガイドvol.2・30選に選ばれました:

« ホームページ5月の定例会でした | トップページ | 操体・会津温古堂 菊地先生は福島県喜多方市で自然農業をしています »

無料ブログはココログ