2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« ドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」を読みました | トップページ | 井形慶子著「老朽マンションの奇跡」を読みました »

平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳 ( 四) 鬼勘の娘」を読んでいます

Book49


 南町奉行根岸肥前守鎮衛の懐刀、神道無念流の名手で頭脳明晰、心やさしい好青年の隼(はやぶさ)新八郎が、根岸肥前守と共に町方が介入出来ない武家絡みの事件を探索を行なう、平岩弓枝の人気時代物です。

 高嶋政宏が隼新八郎役でNHK総合テレビ金曜時代劇で1993年の秋から半年間放送されました。
南町奉行根岸肥前守鎮衛役に山口崇、お鯉役に有森也実、大久保源太役に田中実、郁江役の越智静香、小かん役に荻野目慶子、鬼勘役に宍戸錠・・・と個性的な役者が集まり、小気味良いテンポで事件は解決していきます。
この放送が面白くて病み付きになりました。

 「はやぶさ新八御用帳」を読んでいると江戸時代の風情と粋な江戸っ子の姿が生き生きと浮かんできます。四巻から鬼勘の娘、小かんが登場しました。

 「御宿かわせみ」を一休みして、平岩弓枝のもう一つの江戸情緒に浸っています。

« ドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」を読みました | トップページ | 井形慶子著「老朽マンションの奇跡」を読みました »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/47726414

この記事へのトラックバック一覧です: 平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳 ( 四) 鬼勘の娘」を読んでいます:

« ドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」を読みました | トップページ | 井形慶子著「老朽マンションの奇跡」を読みました »

無料ブログはココログ