2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 確定申告に王子税務署へ | トップページ | 平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳 ( 四) 鬼勘の娘」を読んでいます »

ドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」を読みました

Book47

 アール・ヌーヴォーにも影響を与えたドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」は、生物の美しい姿を100点余りのイラストで描写しています。

 太古のの原生生物から無脊椎動物、植物から動物まで詳細な図版で描かれ、自然界の生き物の姿が何故こんなに美しいのか、「かたち」の持つ芸術性が見える生物画集です。

 生き物の形は殆んど曲線で出来ています。大気圧と水圧に負けない形状でありながら曲線で造形された体は何故か芸術的です。

 アール・ヌーボーを代表するアルフォンス・ミュシャやアントニオ・ガウディーもこの本から多くの影響を受けたと思っています。

 私が収集しているウニの仲間のタコノマクラや、ハスノハスカシカシパンの殻の表面に描かれたような五枚の花びら、蝶ちょに見える模様は生きていて棘のある状態では見ることは出来ないのです。

 棘が抜け落ちて初めて見える模様は一体何のためにあるのだろうと思ってしまいます。

 芸術性は地球上の生き物全てにあるのだと思います。

« 確定申告に王子税務署へ | トップページ | 平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳 ( 四) 鬼勘の娘」を読んでいます »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/47715796

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの博物学者エルンスト・ヘッケル著「生物の驚異的な形」を読みました:

« 確定申告に王子税務署へ | トップページ | 平岩弓枝著「はやぶさ新八御用帳 ( 四) 鬼勘の娘」を読んでいます »

無料ブログはココログ