2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽紀行、さいたま市西区 大宮花の丘農林公苑にポピーの花を見に | トップページ | 城山三郎著「もう、きみには頼まないー石坂泰三の世界」を読んでいます »

赤羽駅の切符に入ったはさみの形

Kippu02

 朝刊紙の一面に集英社「週刊鉄道 絶景の旅全40巻」の広告がありました。
気になったのは切符に入ったはさみの穴の形でした。

Kippu01 

 このアルファベットのMに似た形はJR赤羽駅のはさみの跡でもあるのです。
 取って置いた切符を探してみました。

Kippu03

赤羽駅のはさみの穴の形です。

Kippu04

池袋駅と上野駅のはさみの穴の形です。

Kippu05

渋谷駅と東京駅のはさみの穴の形です。

 今は自動改札でスイカやパスモの方が使い勝手もいいですし、切符は薄い紙で改札を通すと丸い小さな穴をあけるだけでが、当時は改札で駅員さんが軽快にはさみを入れていました。
手さばきの上手さと、リズミカルな音を懐かしく思い起こしました。

 懐かしいはさみの穴の形の種類や使用駅は、 旅と鉄の盲腸鋏こんデータベース に詳しく紹介されています。

 鉄道マニアではないのですが、切符に入ったはさみの穴の形を気に入っています。

« 赤羽紀行、さいたま市西区 大宮花の丘農林公苑にポピーの花を見に | トップページ | 城山三郎著「もう、きみには頼まないー石坂泰三の世界」を読んでいます »

05.日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/45248263

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽駅の切符に入ったはさみの形:

« 赤羽紀行、さいたま市西区 大宮花の丘農林公苑にポピーの花を見に | トップページ | 城山三郎著「もう、きみには頼まないー石坂泰三の世界」を読んでいます »

無料ブログはココログ