2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 静岡県熱海市網代で釣りを楽しんできました | トップページ | 元気の出るミュージックDVD »

連休の後半から読書漬けでした

幕末史

 新潮社半藤一利著の幕末史は、「黒船来航から西南戦争までの《混乱》の時代がスッキリ分かる語りおろし本」です。
今後半に入り、戊辰戦争が始まるところになりました。

 山岡荘八著「徳川家康」、司馬遼太郎著「竜馬がゆく」「翔ぶが如く」と読んできて、また別の見方として面白く読んでいます。
 混沌とした幕末に常に揺り動く人々の心内が、今の時代の政治環境と共通するものを感じられました。

百物語

 同時に、杉浦 日向子著・新潮文庫の百物語を読んでいます。

不可思議なことが起こると妖怪のせいだと信じて、それを恐れながらも共存する江戸の庶民の姿が見えてきます。
少し怖くてもなお読み続けてしまう短編の漫画集です。

 江戸時代を今見てきたかのような話が聞けたNHKテレビ「お江戸でござる」での名解説が懐かしいです。

« 静岡県熱海市網代で釣りを楽しんできました | トップページ | 元気の出るミュージックDVD »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休の後半から読書漬けでした:

« 静岡県熱海市網代で釣りを楽しんできました | トップページ | 元気の出るミュージックDVD »

無料ブログはココログ