2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 荒川の散歩道 | トップページ | 司馬遼太郎著「街道をゆくオランダ紀行」を読みながら »

旧古河庭園 春のバラフェスティバル

 旧古河庭園は古河虎之助が経営した大正初期の代表的な庭園で、武蔵野台地の斜面と低地を生かし北側の小高い丘に洋館を、斜面に洋風庭園低地に日本庭園を配しています。

Ba01

 洋館は、英国人建築家ジョサイア・コンドルが設計した英国貴族の邸宅風のルネッサンス様式でレンガ造り、外壁は伊豆真鶴産の新小松石( 安山岩) で覆われています。

Ba02

 平成21年5月15日から6月21日まで春のバラフェスティバルが開催されています。

Ba03

 高台の洋館から続く斜面、日本庭園を見下ろす位置ににバラ園がありました。
敷地の高低差が高原に居るような深みを感じさせます。

Ba04

 クリスチャンディオール、プリンセスミチコ、インカ、マサコ、ブルー・ムーン、ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズなどが綺麗に咲いていました。

Ba05

 重厚な石灯篭のある日本庭園の散策も素敵です。

« 荒川の散歩道 | トップページ | 司馬遼太郎著「街道をゆくオランダ紀行」を読みながら »

08.ガーデニングを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧古河庭園 春のバラフェスティバル:

« 荒川の散歩道 | トップページ | 司馬遼太郎著「街道をゆくオランダ紀行」を読みながら »

無料ブログはココログ