2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 東京商工会議所 貿易部会に参加して 2009年2月 | トップページ | 土地の有効利用の提案で現地に来ています »

「マイクロトレンドー世界を動かす1%の人びと」を読んで

Book21

 マイクロトレンドー世界を動かす1%の人びと は、アメリカの政治において鋭い洞察力をもつ世論調査員 マーク J. ペンの著作です。

 マーク J. ペンは1996年アメリカ大統領選で、再選をめざしていたビル・クリントンのアドバイザーとしてサポートし、「サッカーママ」というマイクロトレンドを見つけ出して大統領を当選させました。
2008年のアメリカ大統領選では、民主党の候補者 ヒラリー・クリントン陣営の参謀長といえるチーフ・ストラテジストを勤めていました。

 選択肢が氾濫する世界の中で、トレンドを見つけ出すことの難しさと、その重要性を説いています。

 1% の大きな力を見つけ出せれば事業の成功にかなり近づくことが出来そうです。

 全体的に得ることが多くありました。
特に第4部「階層」、第6部「飲食」、第7部「情報と娯楽」に興味を持って読みました。
素晴らしい本です。

 キーワードは、「一般大衆は実はとても賢明であり、きわめて合理的な選択をおこなっている」ことだと思います。

« 東京商工会議所 貿易部会に参加して 2009年2月 | トップページ | 土地の有効利用の提案で現地に来ています »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/44028181

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイクロトレンドー世界を動かす1%の人びと」を読んで:

« 東京商工会議所 貿易部会に参加して 2009年2月 | トップページ | 土地の有効利用の提案で現地に来ています »

無料ブログはココログ