2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 江戸時代の甘酒売りは夏が旬でした | トップページ | 彩湖を歩いて »

赤羽紀行、群馬県館林市のつつじが岡公園、めん小町、丸亀製麺

Tate16

 静かに考えたい時は、群馬県館林市城沼のつつじが岡公園を歩いています。
ここにいると心が落ち着きます。
 館林市役所の駐車場から鶴生田川に沿って城沼に向かいます。もう紅葉が始まっていました。

Tate15

 この池で前にカワセミを見ました。人も花も虫も鳥もみんなひっそりとしています。

Tate13

 横断中のたぬきに注意 !! 茂林寺のある、館林市らしい道路看板です。

Tate12

 めん小町で生うどんと石臼挽き生そばを買いました。
ここの麺は美味しくて評判が良いです。

Tate14

 館林市市役所の近くの交差点に釜揚げ讃岐うどんの丸亀製麺が出来ていました。
 地元の人のお薦めもあって、寄ってみました。めかぶとろろの並に、いか天を足しました。
清潔さに活気があって、午後1時を過ぎていましたが、車と人の出入りで込み合っていました。

 館林市には赤羽という地名がありました。 

 全国の赤羽を探して訪ね歩いています。赤羽紀行と、群馬県館林市の赤羽 をご覧ください。


« 江戸時代の甘酒売りは夏が旬でした | トップページ | 彩湖を歩いて »

04.全国の赤羽を探して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/42642649

この記事へのトラックバック一覧です: 赤羽紀行、群馬県館林市のつつじが岡公園、めん小町、丸亀製麺:

« 江戸時代の甘酒売りは夏が旬でした | トップページ | 彩湖を歩いて »

無料ブログはココログ