2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 梅雨の季節がさわやかに | トップページ | 荒川のグランドで »

「世界バイク紀行」を読んでいます

Book11

 1990年3月、生涯のパートナーと二人で約21ヶ月に及ぶ10万キロの旅は、アイルランドの西海岸からスタートしました。
ヨーロッパを縦断、アジア、中国、東京でU ターンしてシベリアへ。続いてアフリカを縦断、オーストラリア大陸から南アメリカ、そして北アメリカに戻りました。

 BMW のオートバイで世界一周に旅立った投資家ジム・ロジャースの、世界の国々を見る視点を学ぶことが出来ます。

 ウオール街の伝説の投資家が見たTV 新聞が報道しない各国の実情と分析を、身をもって体験し語られていて、投資という側面ばかりではなく人生の目標に向かう姿勢と努力に感動しました。

 今は南米アルゼンチンを読んでいるところですが、22ページにマーカーと付箋をベタベタと貼っています。

 文庫版への序文ー世界を見よう・・・「人生は短い。だからこそ、力強く遠くへ旅立とう。成功への第一歩を歩み始めて欲しい。 どこか世界の街角で会おう。」

 「どこか世界の街角で会おう。」 感激した言葉です。

« 梅雨の季節がさわやかに | トップページ | 荒川のグランドで »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41506329

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界バイク紀行」を読んでいます:

« 梅雨の季節がさわやかに | トップページ | 荒川のグランドで »

無料ブログはココログ