2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 荒川の水辺が見える窓辺から 急性心筋梗塞の始まり | トップページ | 急性心筋梗塞闘病記 荒川の水辺が見える病室で 2 »

急性心筋梗塞闘病記 荒川の水辺が見える病室で 1

01

 平成19年11月26日 (日 、東京北社会保険病院を退院しました。4週間の入院でした。
 主治医の緒方信彦先生、看護師の皆さん、見舞いに来ていただいた方々、有難うございました。
 病室で書き綴っていた日記を書きます。

 平成19年10月29日 (月 ) 赤羽台の上り坂を自転車で急いでいました。ペダルをこぐ足に疲れを感じながら胸にいつもにはない圧迫感があります。
 用事を済まして家に戻ると胸に強い痛みと寒気がしてきて、立っていることも出来なくなりました。
 そして、赤羽台の東京北社会保険病院に救急車で運ばれて、すぐに手術になりました。
 病名は急性心筋梗塞でした。
 
 手術は右手首と足のつけ根の動脈からカテーテルを通して、心臓の冠動脈の血栓を取り除き血管の太さを維持するステントを埋め込みます。
 局部麻酔なので手術中の様子は聞こえていました。手術は2時間余り、心臓の痛みが急に楽になってきました。うまくいっているようです。

 思い出してみると、ここ2ヶ月間は仕事に追われる毎日でした。
予定をこなしていくのに精一杯で、ストレスがかなり蓄積していたようです。

 主治医の緒方信彦先生、片山卓志先生、三澤仁先生有難うございました。
 先生方がいらっしゃらなければ、今私がこのようにすることも出来なかったでしょう。
 大変感謝しています。有難うございました。

 追伸・・・緒方信彦先生は、平成20年4月より東海大学医学部付属病院に転勤されました。

 荒川の水辺が見える病室で 2 集中治療室にいた頃です。

 荒川の水辺が見える病室で 3 集中治療室から緊急用個室に。

 荒川の水辺が見える病室で 4 一般個室に移りました。

 荒川の水辺が見える病室で 5 入院から3週間が経つ頃です。

 荒川の水辺が見える病室で 6 そろそろ退院となる頃です。

« 荒川の水辺が見える窓辺から 急性心筋梗塞の始まり | トップページ | 急性心筋梗塞闘病記 荒川の水辺が見える病室で 2 »

09.心筋梗塞 闘病記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41598200

この記事へのトラックバック一覧です: 急性心筋梗塞闘病記 荒川の水辺が見える病室で 1:

« 荒川の水辺が見える窓辺から 急性心筋梗塞の始まり | トップページ | 急性心筋梗塞闘病記 荒川の水辺が見える病室で 2 »

無料ブログはココログ