2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 富士フォトサロン、「第80回 日本写真会展」を見に | トップページ | 日本写真会主催の「日本写真会員による大銀座展」を見て、宅建協会の研修に参加して »

不動産の相談、建築基準法上の道路と、瑕疵担保

 同業種でお世話になっている2社の方から、不動産の相談がありました。

 1件目は、「大手不動産会社に戸建の売却をお願いして契約になったのですが、売買価格が安かったのではないでしょうか。」という質問でした。

 重要事項説明書を見てみると、土地の形状はほぼ長方形で大きさも手頃です。
 問題は接道にありました。二つの道に接しているのですが、建築基準法上の道路ではなかったのです。
 建築物の新築・増改築に際しては、敷地が建築基準法上の道路に2m以上接道する必要があります。

 二つの道は「法定外道路」と「通路」でした。
 幅員が6mあって車が走る道でも、建築基準法上の道路ではないこともあります。
道路の扱いが重要でした。売買価格も妥当と思われました。

 2件目は瑕疵担保についての相談でした。
 中古マンションの売買で売主が業者、一般の消費者が買主の時の考え方です。賃貸向けのマンションを何棟までの所有なら、業者とならないかということでした。
 お聞きした内容からでは判断出来ませんでした。また会って詳しく聞くことになりした。

 2社の方は私よりも法律を理解しているのに、「分かっているか」と私に聞いてきているのです。
「お前しっかり勉強しているか !!」

 暑いからといって油断していられません。ご質問を有り難うございました。
いつも忘れられないように頑張っていますから。

  JR赤羽駅の不動産会社沼野商事です。

« 富士フォトサロン、「第80回 日本写真会展」を見に | トップページ | 日本写真会主催の「日本写真会員による大銀座展」を見て、宅建協会の研修に参加して »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41694521

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産の相談、建築基準法上の道路と、瑕疵担保:

« 富士フォトサロン、「第80回 日本写真会展」を見に | トップページ | 日本写真会主催の「日本写真会員による大銀座展」を見て、宅建協会の研修に参加して »

無料ブログはココログ