2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 赤羽から池袋まで歩き、そして早稲田に向かいました | トップページ | 日経BP社のソーシャルアパートメント型の集合住宅 »

ソバ屋で憩う 東京・早稲田 松庵

 杉浦日向子さんの名著 「もっと ソバ屋で 憩う」 を読んで、始めに行ったのは、中学・高校・大学と10年間通った早稲田にある 「松庵」 にしました。
早稲田実業高等部からの親友で利き酒・食通のK氏も推薦のお店です。

Ookuma01

 早稲田大学の大隈講堂から神楽坂方面に5分ほど進むと、美味しいもの好きには有名な和食の店 「松下」 の2階にありました。

Matu02

 店構えからして普通の蕎麦屋とは思えません。料亭風の入口を2階に上がるとやっぱり割烹の雰囲気です。
6人掛と14人掛の大きなテーブルが二つ。お客様を待っていました。
 夕方は17時半からの開店で、私が一番乗りです。

 本では「鴨南」がお薦めでしたが、私は 「せいろ」 いや 「天せいろ」 と思わず言っていました。

Matu01

 「十割蕎麦です。」 と聞いて、薬味を入れずに蕎麦を味わい。天ぷらは塩で頂きました。
もっとゆっくり食べれば良いのに、慌てて食べていました。とても美味しかったです。

 この店は一人で来るよりも二人あるいは仲間と来るときっと喜ばれます。静かで落ち着いていて、和みがあります。
食事の雰囲気を大切にする方にお薦めです。
 杉浦日向子さんもこうして楽しんでいたのかなと思っていました。

松庵 東京都新宿区早稲田鶴巻町557
電話 03-3202-4007   定休日 月曜
営業 11時半~13時半 17時半~21時
店内禁煙 パチパチ

« 赤羽から池袋まで歩き、そして早稲田に向かいました | トップページ | 日経BP社のソーシャルアパートメント型の集合住宅 »

03.ぶらり散歩道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41694704

この記事へのトラックバック一覧です: ソバ屋で憩う 東京・早稲田 松庵:

« 赤羽から池袋まで歩き、そして早稲田に向かいました | トップページ | 日経BP社のソーシャルアパートメント型の集合住宅 »

無料ブログはココログ