2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 小川洋子著 「博士の愛した数式」を読んでいます | トップページ | 2007年、賃貸市場は激戦に »

宝幢院・節分会の年男を募集しています

Mame03

 節分は、1年に4回 ( 立春、立夏、立秋、立冬の前日 ) あり、その季節の移り変わる時という意味がありますが、現在では立春の前日だけを節分というようになっているようです。

 この季節の変わり目に邪気を祓う行事として、節分会が行われます。
 赤羽の宝幢院では、平成19年2月3日(土)午後3時よりお護摩、午後4時より境内で豆まきを行います。

 縁起のよい節分豆まきの年男を赤羽・宝幢院では今年も募集しています。
 「鬼は外」・「福は内」と舞台の上から豆をまいて、今年一年の無病息災をお祈りください。

 参加条件は亥年生まれでなくても、檀家でなくても、結構です。 女性も歓迎しています。
 かみひもはご用意して着付けも致します。 
 申し込みの締切は平成19年1月25日です。申し込みお待ちしています。

 赤羽宝幢院 北区赤羽 3-4-2  

« 小川洋子著 「博士の愛した数式」を読んでいます | トップページ | 2007年、賃貸市場は激戦に »

01.赤羽の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/13357232

この記事へのトラックバック一覧です: 宝幢院・節分会の年男を募集しています:

« 小川洋子著 「博士の愛した数式」を読んでいます | トップページ | 2007年、賃貸市場は激戦に »

無料ブログはココログ