2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2007年、今年初のホームページ1月の定例会でした | トップページ | 成田山新勝寺に初詣 »

東京商工会議所のセミナー、次世代産業は江戸時代を見ると分かる

 東京商工会議所千代田支部が主催した津田慶治氏の「次世代産業は江戸時代を見ると分かる」を受講してきました。

 会場は千代田区神田錦町のプラットフォーム スクウェアで、気象庁と首都高速を挟んだ北側にあります。

 ここは千代田区の旧・中小企業センターで、民間の経営によるビジネス支援のためのSOHO拠点として生まれ変わりました。

 江戸時代はほんの一部を除くと鎖国状態で、海外から資源が入って来ない時代でした。自ずから資源は再利用する他に方法は無く、江戸時代はリサイクルが高度化した循環型社会といえます。

 それは現在の地球の温暖化対策や・来るべき化石燃料の枯渇に対して有効な方法だと考えられます。

 これからは資源がより付加価値が高いとも思えます。その資源が実は東京などの大都市に堆積しているそうです。
 この資源をを有効的に使うことが私達に求められているようです。
 

« 2007年、今年初のホームページ1月の定例会でした | トップページ | 成田山新勝寺に初詣 »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41696789

この記事へのトラックバック一覧です: 東京商工会議所のセミナー、次世代産業は江戸時代を見ると分かる:

« 2007年、今年初のホームページ1月の定例会でした | トップページ | 成田山新勝寺に初詣 »

無料ブログはココログ