2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自己紹介

  •  東京都北区赤羽生まれで、赤羽育ち、赤羽幼稚園、赤羽小学校に通いました。 現在、古い民家をリフォームしています。
     全国の赤羽の地名の散策。古い電気製品 (特に真空管ラジオ) の収集 、海で貝殻を拾っています。 夢は、本に囲まれた家に住みたい。

    赤羽緑道公園 ガーデン コート

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 太田記念美術館に、ギメ東洋美術館所蔵の 「浮世絵名品展」を見に | トップページ | 宝幢院・節分会の年男を募集しています »

小川洋子著 「博士の愛した数式」を読んでいます

Hakase01

 去年の読書は「徳川家康」に始まって「竜馬がいく」・・・「坂の上の雲」まで歴史小説が主でした。血が沸き肉が踊る感動に、いつかはまっていました。

 今年はたまたま書店で手にした新潮社文庫 小川洋子著 「博士の愛した数式」を読みました。

 交通事故で記憶が80分しか続かない数学の博士と、派遣の家政婦とその息子ルートの心温まる物語です。
あまりにも悲しくても、人の気持ちの暖かさが伝わってくる物語です。
 
 小川洋子さんは、1991年に「妊娠カレンダー」で芥川賞を受賞し、 「博士の愛した数式」では、第1回本屋大賞、読売文学賞 小説賞の各賞を受賞しました。
 静かな時の流れの中に包まれていく温かみが感じられる小説でした。

« 太田記念美術館に、ギメ東洋美術館所蔵の 「浮世絵名品展」を見に | トップページ | 宝幢院・節分会の年男を募集しています »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小川洋子著 「博士の愛した数式」を読んでいます:

« 太田記念美術館に、ギメ東洋美術館所蔵の 「浮世絵名品展」を見に | トップページ | 宝幢院・節分会の年男を募集しています »

無料ブログはココログ