2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 宝幢院・節分会の年男を募集しています | トップページ | ナショナルトレーニングセンター完成 »

2007年、賃貸市場は激戦に

Img01


 2005年から「人口減少」が始まりました。これはモノが余り始めることを意味しています。

 賃貸市場ではすでに供給過剰感から来る入居率の低下が指摘されていました。
 しかし赤羽でも賃貸住宅の新築の勢いはまだまだ続いています。そしてこれまでの賃料を取れなくなっています。
 新築の建物の設備は以前よりもさらに分譲に近づいて、採算のベースから見ても過剰気味になっています。

 賃貸居住用住宅はニーズの多様化への対応と、建築後15年を越える賃貸居住用住宅は競争力を維持するためのリフォーム・リノベーションは欠かせなくなってきました。

Img02
 
 「安いだけ」、「広いだけ」、「綺麗(新築)なだけ」では通用しない何かが・・・「付加価値」が必要になってきています。
 選択肢が潤沢になったユーザーに納得してもらうプラスアルファーが重要になってきています。

 JR赤羽駅の不動産会社の沼野商事です。

« 宝幢院・節分会の年男を募集しています | トップページ | ナショナルトレーニングセンター完成 »

11.私の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41696820

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年、賃貸市場は激戦に:

« 宝幢院・節分会の年男を募集しています | トップページ | ナショナルトレーニングセンター完成 »

無料ブログはココログ