2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 館林市の城沼・つつじヶ丘公園を散歩しに | トップページ | 西が丘サッカー場 周回コース »

中国の頭脳 「清華大学と北京大学」を読んでいます

Seika02

 朝日選書、紺野大介著 「中国の頭脳 清華大学と北京大学 」 を読んでいます。
 中国の超 「頭脳」 集団を作りあげる教育構造 の双璧、清華大学と北京大学のことが書かれています。

 この本を読むまでは、清華大学が中国・国立大学の頂点に立ち、単独で人工衛星を打ち上げていることなど知る由もありませんでした。
 また清華大学の優秀な学生は、米国のハーバード、プリンストンなど一流の大学からを学費・滞在費などを負担で留学しています。

 日本の国立・私立大学で同様のことなどないでしょう。
 それこそ学生は入学さえすれば、充分な勉強をしなくとも卒業出来てしまいます。
 ・・・これからの日本のことを考えさせられました。

 清華大学の出身者では、今の中国を治めている胡錦濤国家主席、温家宝現首相などがいます。
 
 中国の人口は日本の10倍、国土は25倍あります。
日本で中国を語る時、偏った報道がされているのではないかとさえ思えてきました。

 素晴らしい隣人がいることを忘れてはいけないと思います。
 日本はもっと謙虚に、隣国中国と接すべきではないでしょうか。

« 館林市の城沼・つつじヶ丘公園を散歩しに | トップページ | 西が丘サッカー場 周回コース »

06.読書と絵画鑑賞」カテゴリの記事

コメント

 中国だけでなくインドもまた頭脳で
発展しようとしている国です。
 NHKスペシャルのインド特集と
トーマス・フリードマン氏の著作
「フラット化する世界」に影響され
ました。

森田さん、コメント有り難うございます。
私も NHK のインド特集を録画で見ました。
中国もインドも必死で頑張っている姿が分かりました。
それに引きかえ、日本の政治家達の不甲斐無さを感じました。
将来を見据えた行動が期待されています。
私も含めてよく考えさせられました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41735/41696749

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の頭脳 「清華大学と北京大学」を読んでいます:

« 館林市の城沼・つつじヶ丘公園を散歩しに | トップページ | 西が丘サッカー場 周回コース »

無料ブログはココログ