2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介

  •   赤羽生まれで、赤羽幼稚園・小学校、早稲田実業中・高等部、早稲田大学社会科学部卒。  沼津のマルサン書店で修行後に正文堂書店に入社。多店化後に全て閉店。(株)沼野商事で奮闘中です。  東京北社会保険病院で、急性心筋梗塞のカテーテル治療を受けて戻ってきました。

    赤羽紀行  (株)沼野商事

フォト

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

「採用の超プロが教える・伸ばす社長 つぶす社長」を読んでいます

 暮れに本を3冊買い、株式会社ワイキューブ代表取締役社長・安田佳生著「採用の超プロが教える・伸ばす社長 つぶす社長」を読み終えました。

 ◇前書きの書き出しに 「94パーセントの会社は十年以内につぶれるといいます。」 あなたの会社ははどちらでしょうか。

 ◇ただ物をつくり、前年よりもそのクオリティーさえ上げれば売れ続けるという考え方はもう通用しない。

 ◇社長がきちんとした経営をしなければ会社が成り立たない。
 
 ◇そのためにいかにして変化の強い組織を作るか

  ・・・など、教えられることが沢山ありました。

 戦略というには恥ずかしいですが、来年始めたいことが見えてきています。春頃から動き出したいと思っています。

年に一度伺う所

 昨日仕事を終えた後で、狭山市の新生堂書店さんに伺いました。午後12時過ぎまで営業をしていますのでまだ大丈夫です。西武新宿線「新狭山」駅北口の真前に新生堂書店はあります。午後9時を回った位で店に着きました。
 私が書店人( この言葉が好きでした ) だった頃に、神田神保町の本の問屋街でどういう風に仕入れをするのか等、本屋のイロハを教えていただいた方でした。仕事が変わってからも1年に一度は伺っています。
 なぜか顔を見るとほっとします。安心感があります。

 まだやり残しがあって、年賀状をやっと書き終えました。
 営業は明日までですが、31日も何かやっていそうです。

 来年から新規に始める仕事の調整がまだ残っています。

駐車場の木立を伐採

Park21

 板橋区の駐車場で隣地との境界の立会いがありました。
 そのあとで駐車場の隅に生えている木々を伐採しています。木が枯れて枝を落とすのには都合のいい季節です。

 いつの間にか木の幹も太くなっています。

 本当は切りたくはないのですが、実がなって落ちたり、花の蜜が飛び散り駐車場を利用している車を汚したりします。
 去年は栗の木を切りました。風に吹かれて落ちたイガイガが結構痛いのです。
 
 木を切ると木々に隠れた粗大ゴミが目立ってきました。
 これを片付け終わるのは来年になってしまいそうです。

 JR赤羽駅の不動産会社沼野商事です。

今年最後の献血に

Ken01

 今年最後が続きます。最後の献血と言っても2回目でした・・・なんとも大げさでした。
 10月に400mlの献血をして今日は成分献血でした。場所はいつも行く池袋の献血ルームぶらっとです。
 成分献血は間隔が1年以上空くと心電図の検査が必要になります。去年の11月から成分献血をしていないことになりますが、検査の結果は問題ありませんでした。
 献血の間はケーブルテレビで好きな番組を見ているとすぐに終わってしまいます。と言っても同じ姿勢は少し疲れます。

 献血ルームも献血に来てもらえるように考えて、ポイントが加算されます。雨の日・平日・午前中の成分献血など、何点か貯まると素敵なものがいただけます。ポイントが付くとなぜか嬉しいですよね。

 献血の回数にも目標を決めました。三桁です。あと20数回です。
( そんな事にまで目標を決めなくてもいいのに性格でしようね)
 献血手帳は今年の10月から献血カードに変わり暗証番号が必要となりました。

今年最後の試験

 その試験は「小額短期保険募集人試験」で、平成18年4月1日に施行されました。
 アパートやマンションなどを賃貸する時に、入居者に加入していただく家財などを含む保険です。
 無認可の共済が増えすぎて保険業法で規制するために金融庁が新たに設けた試験です。

 講習を2時間受けた後で試験でした。模擬問題集を見ると引っ掛け問題もありますので、設問をよく読んで注意が必要でした。
 一度で受かりたかったので赤羽図書館にこもって予習もしました。何とかいけそうです。

 午後6時過ぎから高校・大学を一緒だった仲間と港区芝の焼肉店で忘年会でした。年金・健康・仕事の話が中心でした。
 団塊の世代はまだまだ元気です。
 

街よ!元気になれ 2007春号編集会議と

 今年最後の「街よ!元気になれ」の編集会議とメンバーの送別会兼忘年会でした。

 2007年春号は団塊の世代特集です。2007年3月の上旬に発行する予定で、急ピッチで作業は進んでいます。

Tabata11
 11月末に発行した田端版は好評で、残部もう少なくなっているそうです。早めに入手してください。

 送別会兼忘年会は16名が参加して、東十条の自由軒でした。中華料理が美味しいお店でした。

新しいノートパソコンがデビュー

Paso11_1

メモリーが1G、モニターが15.4型のノートパソコンが可動しました。
今まで使っていたノートパソコンを二度三度と落としてしまって・・・。液晶の修理後は一時良くなったのですが、マザーボードも損傷していました。そこで慌てて買い替えとなりました。

 電源を入れてからの始動時間も短くなりました。サクサク感が戻ってきました。きっとメモリーを1Gにしたおかげです。今までウイルスバスターのせいだと勝手に考えていました。ごめんなさい。

 欧米ではノートパソコンの主流は15.4型だそうで、横に長い分見やすくて使い勝手も良さそうです。

箱根ポーラ美術館に「美術の身体表現展」を見に

Dari

 箱根強羅のまとい荘での研修の時に箱根ポーラ美術館のパンフレットを見て、何時か見に行こうと思っていました。
 朝5時に赤羽を出発して途中休憩を取りながら9時にはポーラ美術館に着きました。
 国道1号線箱根の山道で、来年の正月に行われる箱根駅伝の応援ののぼりを見かけました。もうそんな季節になりました。
Meizi

 ポーラ美術館の企画展はドガ、ダリ、シャガールのバレエ「美術の身体表現」で、所蔵品をテーマに沿って紹介しています。
 踊り子を描いたドガ、バレエの舞台美術の描いたローランサン、ダリの描いたアメリカのバレエ団のデッサンなど、バレエに魅了された画家達の絵画を見て魅了されました。人間の様々な動きやポーズの律動感・躍動感が伝わってきました。感動しました。
 ポーラ美術館は箱根の景観を配慮して美術品の展示を地下にしています。そのコンセプトが素晴らしいです。


Onsen
 箱根のもう一つの楽しみは温泉です。強羅駅の近くで、日帰り入浴の出来る強羅館に寄りました。ぬるめの乳白色の温泉は硫黄泉です。硫黄のにおいは温泉に入ったぞという気分になります。今日も良い日でした。
 

今年最後のホームページの勉強会

 池袋のNEC PCカレッジ西武池袋校で今年最後の講習会でした。
 第一期からの先輩で「横浜夢工房」実門堂・大熊信良氏によるホームページ作成による売上の推移と心構え。
 ケータイ・ショッピングモールに出店しての経過報告。
 ムーバブルタイプのブログについてなどの議題を聞きました。

 参加メンバーも随分変わってきました。私は続けることが大切だと考えています。ビジネス情報ネット 鈴木大吉先生にずっと付いて行きます。

 講習の後で、トヨタ自動車のショールーム・ アムラックス 東京で次に買う車の下調べをしました。5人乗り・排気量2,000ccクラスで居住性の良い車が条件です。カムリが良さそうでした。現在のスカイラインは6年目になり、全長が長すぎるのでもう少しコンパクトな車にしようと考えています。
 次にノートパソコンを見にビッグカメラのパソコン館によりました。現在使用しているノートパソコンは、2回落としたために液晶とマザーボードに不具合があります。動かなくなる前に買わないと。

F1フェラーリのミハエル・シューマッハーに、夢をありがとう

F103

 赤い表紙のNewsweek、ミハエル・シューマッハーを見て思わず買っていました。
 F1を今シーズンで引退したフェラーリのミハエル・シューマッハー。マクラーレンのミカ・ハッキネンとのバトル・・・そしてフェルナンド・アロンソとここ2年間の戦いが終わりました。

 F1を見始めたのはミハエル・シューマッハーがフェラーリに移ってからで、当時はマクラーレンのミカ・ハッキネンを応援していました。
 でも勝負は勝たなければ面白くありません。ミハエル・シューマッハーは、強引なオーバーテイクで非難に遭っても挫けることがありませんでした。弱音を聞いたことがありませんでした。F1の勝負師でした。
 7度の年間優勝、優勝91回、ポールポジション68回など歴代1位でした。

 F1は世界の国々を移動してグランプリを開催するので、放送時間は常に夜中の午前でした。ビデオで録画して、ミハエル・シューマッハーが勝ったのが分かってからゆっくりと見ていました。

 燃料補給でピットに入る回数、ピットでの給油とタイヤ交換の時間など、どのタイミングにするかがテクニカルディレクターの腕の見せ所でした。
 毎年のように変わるルールでタイヤの交換が禁止になった時もありました。エスカレートする維持費を資金力の少ないチームを守るためと分かっていても面白さに欠けていました。

 皇帝が去ってしまって、寂しさが込み上げてきます。
 来年から応援するのは誰にしようか・・・。
 

秋から冬への衣替え 赤羽自然観察公園、赤羽台公園、赤羽緑道公園に

Oti02

 色とりどりの落ち葉が綺麗な季節になりました。

Aki02_1 Aki03

 赤羽自然観察公園、そろそろ冬支度です。

Aki04 Aki05

 赤羽台公園、緑の季節が終わりました。

Aki06 Aki07

 赤羽緑道公園、冬を迎える準備が整いました。

居酒屋「だるまや」オープン

Daru01

 夕方6時からOK横丁入り口角の石井ビル1階・居酒屋「だるまや」がオープンしました。
 OK横丁の居酒屋八起の姉妹店です。牛すじの煮込み・刺身の盛り合わせ・エビの鬼ガラ焼き・サザエのつぼ焼き・・・に生ビールで乾杯。どれも美味しい料理でしたが、牛すじの煮込みは格別でした。

 居酒屋「だるまや」 東京都北区赤羽 1-17-5 OK横丁入り口角 TEL 03-3901-1380
 営業は、午後3時から午後11時、定休日は火曜日です。

湯島で忘年会でした

 ビジネス情報ネット3万ドル倶楽部の忘年会が湯島の「スパッツィオ・カフェ」であり、30人位が参加しました。
 月間売上目標の300万円を超える企業も出てきています。10万ドル倶楽部に名称を変更しようとか、良い感触です。
 この会の忘年会は気兼ねしなくてほっとします。常に前向きで爽やかな仲間達の異業種交流会です。
 皆が持ち寄ったプレゼントの交換、ビンゴゲームとあっという間の3時間でした。
 鈴木大吉先生、今年も有り難うございました。どうぞ良いお年を !!
 まだまだ、12月15日に最後の講習もありました。「携帯 ショッピングモール」の経過報告です。こちらも楽しみにしています。

「ALWAYS 三丁目の夕日」の頃

 「ALWAYS 三丁目の夕日」を見て、ミゼットが走り回っていた懐かしい時代を思い出しました。

 ミゼットは前輪が一輪の軽貨物車で「オート三輪」と呼ばれていました。ハンドルはオートバイのようなハンドルで、我が家も父親がミゼットで本を配達していました。

 ガキ大将がいて、腕白坊主達が道端でメンコ・ビー玉・缶けりなどをして遊んでいました。車はめったに通らないし、舗装されていない道路は子供達のいつもの遊び場でした。

 遊び道具は自分達で作るのが当たり前の時代でした。材料もその辺から探し出してきて壊れたら直していました。

 赤羽西口の三角山の後ろには戦車も置いてありました。今の赤羽緑道公園の北辺りだと思います。

 あの頃は何にでも夢中になれました。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

無料ブログはココログ